【ライブレポート】スピッツがヒット曲『チェリー』など全10曲を披露!VIVA LA ROCK 2015

2015.05.10 公開

5月3日、昨年に続き2回目の開催となる埼玉県最大GWのロックフェス、VIVA LA ROCK 2015がさいたまスーパーアリーナにて開催された。

夕方のStar Stageに登場したのは90年代にミリオンヒットを連発、独自のポップな音楽性で人気のロックバンド・スピッツ。黒のハットに黒のシャツを羽織り、登場したボーカルの草野マサムネが澄み切った高音ボーカルを響かせ、『夢追い虫』『不死身のビーナス』と勢いよく2曲を演奏した後、最初のMC。

「どうもこんばんは!スピッツです!凄い人だ!」と草野はまずは満員の客席に驚きの声を上げた。「VIVA LA ROCKへようこそいらっしゃいました!今回の出演者のラインナップでは一番スピッツは最年長なぐらいなんですけど(笑)。みんないいモイスチャー出してるね!さいたま最高!」と煽り、次に通算30枚目のシングル『春の歌』が披露される。

草野が相変わらずの美声を響かせると腕を振り上げ応えるオーディエンス。この春にぴったりのスピッツらしい王道のメロディーで訴えかけ貫禄をみせる。次にドラムのイントロから勢いよく始まったのは、スピッツのシングルの中でも人気の『チェリー』。ポップで絶妙なメロディラインのこの曲に往年のファンも新しい音楽ファンも暖かい声援で応える。

スターステージが黄色い照明に切り替わり、『魔法のコトバ』が始まるとどこか懐かしいメロディーで会場中が笑顔になる。「どうもありがとうございます。スピッツといいます。ベースの田村です。あとのメンバーはWikipediaで調べて下さい(笑)」と草野が改めてのメンバー紹介で冗談を交えて盛り上げる。「次に歌う曲はドラマ『不便な便利屋』にも使われてますが、雪風という曲です。」と紹介があり、スピッツらしい王道のミディアムチューンが演奏されると、場内の盛り上がりはますますヒートアップ!

「まだまだ大丈夫そうですか?ラインナップの中ではまったり系かもしれませんが(笑)またまだ若い人には負けたくない!そんな感じでスピッツに着いてきてくれますか?」と草野が煽ると大歓声が起こる。90年代のヒット曲『運命の人』が始まると、オーディエンスは手拍子で応える。草野のボーカルは全く衰えを見せず、若者のエネルギーをも取り込んでいく。

そのままの勢いで後半はロックチューンを立て続けに披露。「ワン ツー スリー フォー!」から始まった疾走感抜群でハイトーンボイスが映えわたる『野生のポルカ』、ギターリフのフレーズが耳に残る骨太のロックソング『恋する凡人』と続き、スタンドの上までびっしり埋まった客席との掛け合いは絶頂に。

ラストはリフが響きキャッチーなギターフレーズから始まった『8823』。青色の幻想的な照明に照らされたステージの中、スピッツ流のロックソングでスタンディングエリアの盛り上がりは絶頂を迎える。新旧の名曲を盛りだくさんな内容で披露したスピッツはベテランらしく貫禄なパフォーマンスをみせつけ、VIVA LA ROCK, 2015初日を盛り上げた。

スピッツは7月18日には北海道での「JOIN ALIVE」、8月8月には別府で行われる「BONE TO RUN!」と続々とフェスへの参戦も決まっていて今年の夏も日本の音楽シーンを盛り上げてくれるに違いない。

【ライブレポート】スピッツがヒット曲『チェリー』など全10曲を披露!VIVA LA ROCK 2015

VIVA LA ROCK 2015
スピッツ セットリスト

M1. 夢追い虫
M2. 不死身のビーナス
M3. 春の歌
M4. チェリー
M5. 魔法のコトバ
M6. 雪風
M7. 運命の人
M8.野生のポルカ
M9.恋する凡人
M10.8823

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』