【ライブレポート】レキシが『妹子なぅ』『きらきら武士』など披露!VIVA LA ROCK 2015

2015.05.16 公開

5月5日、昨年に続き2回目の開催となる埼玉県最大GWのロックフェス、VIVA LA ROCK 2015がさいたまスーパーアリーナにて開催された。

「レキシ」と記されたのぼりが並び、それまでとは明らかに異なる雰囲気のVIVA STAGEに、法螺貝の音色が響き、バンドメンバーと袴にサングラスといったスタイルの池田貴史が登場。さっそく1曲目の『姫君Shake!』のスタートだ。

この曲の中盤では、SMAPの『SHAKE』~SHAKEつながりでMAXの『Give me a Shake』、さらにアニメ主題歌『タッチ』にチャック・ベリーの『ジョニー・B.・グッド』、斎藤和義の『ずっと好きだったんだぜ』までミックスして盛り上げた。場内を一気に笑いの渦で包み込む手筈はまさに天晴!

曲が終わるごとに「ありがとうございましたー。レキシでしたっ!」とステージを終わらせようとするなど、曲間のジョークも冴えわたる。次の曲『狩りから稲作へ』でも、曲中で稲穂を手に持っての「イナホー!」のコール&レスポンス~マイケル・ジャクソンの『今夜はBEAT IT!』に合わせての「JUST 稲!」など、ネタは尽きない。

「次は、年貢納めようかー!」の声に思わず「イェーイ!」と返したオーディエンスには「イェーイ!じゃねえよ、年貢納めるんだよ? 冷静に考えてごらんよ」といった観客いじりもお手の物。

そしてうれしいサプライズが。時間が早まったため、もう1曲増やすことがその場で確定。小野妹子が男だったと知った衝撃を歌にした『妹子なぅ』『きらきら武士』と予定より1曲増やしてのパフォーマンスを堪能させてくれたレキシ。歌詞こそ歴史モノだが、ファンクでロックなサウンド、サービス精神、そして最高のユーモア。どれを採ってもフェス向きのレキシ。まだ見たことのない人に強くオススメしたいユニットだ。

(取材/文:大坂晃典)

【ライブレポート】レキシが『妹子なぅ』『きらきら武士』など披露!VIVA LA ROCK 2015

VIVA LA ROCK 2015
レキシ セットリスト

M1.姫君Shake!
M2.狩りから稲作へ
M3.年貢 for you
M4.妹子なぅ
M5.きらきら武士

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』