【ライブレポート】N'夙川BOYSが『物語はちと?不安定』など披露!VIVA LA ROCK 2015

2015.05.14 公開

5月5日、昨年に続き2回目の開催となる埼玉県最大GWのロックフェス、VIVA LA ROCK 2015がさいたまスーパーアリーナにて開催された。

屋外となるTSUBASA STAGEにN'夙川BOYS登場! ステージは、曲やその日の気分によってメンバーの楽器パートが変わるという、他バンドではありえない彼らならではのセッティングに。なんとステージ中央にドラムセットが3向き合って叩けるように設置されているのだ。さて、いったいどんなパフォーマンスで楽しませてくれるのか。

スピーカーから流れる車のエンジン音とともにメンバーが登場。登場したばかりにもかかわらず、手にしていたタンバリンをオーディエンスに向かって放り投げるギターのシンノスケBOYs。そしてボーカルを務めるマーヤLOVEと、紅一点のリンダdada。個性の塊のような3人のステージがスタートする。

「VIVA LA ROCKって、ROCKがあってもROLLが足りねえぞー夙川BOーYS!」の掛け声とともにマーヤがジャンプして1曲目『プラネットマジック』が演奏された。2曲目『BANDがしたい!』ではさっそくフォーメーションチェンジ。ステージ中央の正面に向いたドラムセットの上でシンノスケがギターをかき鳴らし、その足元でマーヤとリンダが向き合ってドラムを叩く。2曲目のラストでは、マーヤの片手からドラムスティックがはじけ飛び、ついでに残りの1本もオーディエンスに放り投げるエピソードも。

リンダがメインヴォーカルの『Candy People』では、シンノスケがドラムを担当。ピンクのストッキングでステージの端から端まで気持ちよさそうに踊るリンダの歌に、自然にオーディエンスの手拍子が重なった。そしてここから先、オーディエンスは夙川BOYSの真骨頂を見せつけられることになる。

「ROLLしてますか? まだしてない? じゃあビバラ、行きますか? 最後に行っときますか!」とマーヤの掛け声とともに始まったのは、映画『モテキ』のクライマックスで使われた彼らのブレイクナンバー『物語はちと?不安定』だ。

曲中、突然走り出し、ギターを抱えたままステージ横に組まれたやぐらにガンガン登るシンノスケ。文字通りやぐらのてっぺんまで登ると、ひと通りギターをかき鳴らしてから降りたかと思いきや、そのまま観覧エリアのの中央通路を横切り、エリアの外れにあるスーパーアリーナの案内標識によじ登る。さらに観覧エリアの通路脇からモッシュエリアに突入。オーディエンスの頭上に持ち上げられながらステージに戻るという離れ業をやってのけた。

ステージに戻ってきたシンノスケに対するマーヤも負けてはいない。「最後にみんな叫べますかー!跳びます!」と次はマーヤがオーディエンスの中にダイブ。体を持ち上げられながらコール&レスポンスという衝撃のパフォーマンスが繰り広げられた。

3人のルックスと個性、演奏スタイル、そしてオーディエンスを巻き込んでの驚愕パフォーマンス。あっという間の時間だったが、彼らの強烈なインパクトを目の当たりにするには十分過ぎるステージになった。

(取材/文:大坂晃典)

【ライブレポート】N'夙川BOYSが『物語はちと?不安定』など披露!VIVA LA ROCK 2015

VIVA LA ROCK 2015
N'夙川BOYS セットリスト

M1.プラネットマジック
M2.BANDがしたい!
M3.Hello, 999
M4.Candy People
M5.物語はちと?不安定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』