【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!

2016.09.09 公開


8月6日、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016が開催され、独特な世界観を展開する3ピースロックバンド人間椅子が出演した。何とも怪しげなSEと共にBUZZ STAGEに、和嶋慎治、鈴木研一、ナカジマノブが登場。

低音のうめき声をあげ『なまはげ』から人間椅子ステージは始まる。鈴木がその白塗りの顔で会場をゆっくりと見渡し、和嶋は軽快にステップを踏みながらステージを縦横無尽に動き回る。そしてナカジマが豪快にドラの音を響き渡らせ、『芳一受難』『相剋の家』へと繋いでいく。

【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!
【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!

怪しげな異様な空気を醸し出したかと思えば、爆発的なサウンドを繰り出し、その曲調も様々に変化させていく人間椅子サウンド。激しく弾き乱れ爆音を響かせても、不思議とその音は少しも耳障りにならない。

まずはそのビジュアルに驚き、その後、高度な演奏テクニックに驚く。人間椅子の魅力は何と言ってもこのギャップだ。そしてMCパートではまた違った姿を見せる。

【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!
【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!
鈴木が「こんにちは、バンド歴27年の人間椅子です。午前中にライブやるのは初めてです。改めまして、おはようございます、人間椅子です!」とまずは挨拶。

いつの間にか上着を脱ぎ去ったナカジマが「皆、アニキって呼んでくれ!」と叫ぶと「アニキー!」と応えるオーディエンス。それを受け「お客ちゃーん!今日は精一杯やるんで楽しんでいってくれよ!」と熱い絶叫を響き渡らせた。

そして和嶋が「1曲目やった曲が『なまはげ』、化け物の曲です。2曲目やった曲が『芳一受難』という曲で、これは幽霊の曲です。全然、午前中に似合っておりません!かれこれ私たちは27年間、このような恐ろしい歌、気持ちの悪い歌を歌ってきましたが、ROCK IN JAPAN初出場でございます。27年かかりました!こんな感じで30年、35年、40年とこれからも人間椅子を宜しくお願い致します!」と喜びを語るとオーディエンスから祝福の声援と拍手が送られる。

【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!
MCパートで和ませたかと思えば、再びその演奏力を魅せる。後半戦は『宇宙からの色』『針の山』と壮大で圧倒的なサウンドと共に歌声を響かせる。ギターを弾くにも『歯弾き』や『背面弾き』など様々なパフォーマンスを駆使して魅せてくれた。

何とも濃厚なステージを午前中から展開。バンド活動30年を迎えようとしている今、乗りに乗っている人間椅子。ベテランが魅せる不思議な空間は必見だ。是非一度この感覚をライブ会場で体験していただきたい。

(取材/文:山岸一之)

【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!
【人間椅子 セットリスト】

M1.なまはげ
M2.芳一受難
M3.相剋の家
M4.宇宙からの色
M5.針の山

【ライブレポート】日本一午前中が似合わないバンド・人間椅子が初のROCK IN JAPAN FESTIVALの午前中に登場!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』