【ライブレポート】YATSUIフェスにて PELICAN FANCLUBが音楽で「今」を共有!

2016.07.28 公開

Photo by YUKA OCHIAI


6月18日、19日の2日間に渡って開催された「YATSUI FESTIVAL! 2016」。2日目の6月19日に、UK.PROJECTのニューカマーPELICAN FANCLUBが出演。多様な音楽で訪れた観客を魅了した。

シミズのドラムから演奏が始まると、あっという間に彼らの音楽の空間が広がる。情感たっぷりのエンドウの歌声に、心が振り回される。最新ミニアルバムから披露された『アンナとバーネット』。真っ赤な照明がよく似合う楽曲だ。イントロのクルマダのギターは、心地よい疾走感のある演奏でワクワクさせられる。終始、観客の顔を見渡しながら歌うエンドウ。ベースのカミヤマはステージ上を大きく動いて全身で演奏する。全力で奏でられる音楽に合わせて、思わず体が揺れ動く。

会場がアットホームな雰囲気に包まれる中、『最後の青』を披露。ゆるやかな音の波に乗ったかと思えば、急に荒波が襲ってくる。そんな音の満ち干きが、綺麗に会場に響く。そのまま音の波は途切れることなく、『説明』へ。皮肉のこもったとっておきのバラードだ。途中、ギターを投げ置き叫び歌ったエンドウ。思いの詰まった渾身のシャウトに、心身ともに震える。


【ライブレポート】YATSUIフェスにて PELICAN FANCLUBが音楽で「今」を共有!Photo by YUKA OCHIAI


空気がガラッと変わり、ドリームポップとも称される彼らの音楽の一面を顕著に表した楽曲、『1992』。このステージだけでも、PELICAN FANCLUBの音楽性の幅の広さが伺える。思い思いに、音に身を任せて楽しむメンバーと観客。シミズも笑顔でドラムを叩き、見るからに楽しそうだ。クルマダの澄んだギターの音色が、ステージを終わりへと導く。

「楽しみにしていた時間が過ぎていくのは心から寂しく思うけれど、今しかないから、今目の前でやっているのが、PELICAN FANCLUBだから!」と語ったエンドウ。これが今のPELCAN FANCLUBだ、と言わんばかりに『記憶について』を披露。真っ直ぐなメッセージは、心にスッと届く。

これからも進み続ける彼らの「今」を見逃さないでほしい。

(文:堀菜々花)

【PELICAN FANCLUB セットリスト】

M1.Dali
M2.アンナとバーネット
M3.Chilico
M4.最後の青
M5.説明
M6.Capsule Hotel
M7.1992
M8.記憶について

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』