【METROCK 2016 特集】 ONE OK ROCK キュウソネコカミらライブレポートを公開!

2016.05.28 公開
ONE OK ROCK

日中の暑さも和らぐ夕暮れ時のWINDMILL FIELDに集結する人、人、人の群れ。彼らが待ち構えるのは今や日本を超えて世界をフィールドに活躍をするロックバンドONE OK ROCK。



キュウソネコカミ

メトロック2016の2日目、いちばん大きなWINDMILL STAGEにキュウソネコカミがトップバッターで登場。



[Alexandros]

すっかり夜の闇に包まれたWINDMILL FIELD。メトロック東京のラストを飾るのはもはや夏フェスの重鎮として欠かせない4人組ロックバンド[Alexandros]。真っ赤なライトに照らされながらSEと共に登場したメンバーに盛大な歓声が贈られる。



BLUE ENCOUNT

田邊が「さあ急いで皆!皆の動き遅くてビックリしたわー。でもいい感じに集まってきたな・・・始めるよー!!」と口火を切り観客の大きな歓声が響く中、1曲目に『ロストジンクス』を披露。



KANA-BOON

『なんでもねだり』からKANA-BOONライブはスタート。CMソングにも起用され多くの人に馴染みの深い曲に、心地良いクラップ音が混ざりあい、スタートからしっかりとオーディエンスの心を掴む。



OKAMOTO'S

メトロック2016の2日目、SEASIDE PARKにOKAMOTO'Sが登場。リハーサルからサービス満点のパフォーマンスで会場を盛り上げた。




ゲスの極み乙女

ボーカルの川谷が「キラーボールで踊りませんか!」と口を開くと『キラーボール』からライブをスタート。続けざまに『無垢な季節』『私以外私じゃないの』と人気曲を披露。



高橋優

深々とお辞儀をしギターを掲げ「会いたかったよ東京!1曲目から熱くなろうぜ!」と『パイオニア』から高橋優ステージは勢い良くスタート。



水曜日のカンパネラ

メトロック2016の2日目、今話題の水曜日のカンパネラが登場。注目度が高いだけあってNEW BEAT SQUAREは驚くほどの人で埋め尽くされた。



地獄図(ヘルズ)

6月25日公開の映画「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」の劇中から長瀬智也演じるキラーKが率いる地獄のロックバンド・地獄図(ヘルズ)が登場した。



フォトギャラリー



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』