二階堂ふみ、山﨑賢人、池田エライザ、菜々緒ら映画『オオカミ少女と黒王子』出演者が舞台挨拶でサプライズ登場!

2016.04.28 公開


4月27日、東京国際フォーラム ホールCにて、5月28日(土)から公開映画『オオカミ少女と黒王子』の公開に先駆けて、ジャパンプレミアを実施され、二階堂ふみ、山﨑賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒、廣木隆一監督が出演した。

熱気に包まれた会場の舞台には誰もおらず、MCがキャストを呼びかけるとスクリーンに二階堂さんと山﨑さんの姿が映し出された。実は本作のキャッチコピー“ウソから始まる、人生最初のホンキの恋”にかけて、なんと出演者が観客には内緒で客席に。会場からは悲鳴に近い歓声が上がった。

ヒロイン・エリカ役を演じた二階堂は「すごく力の入った自信作です。私も今、この流れに便乗
していて足がフワフワしています。(緊張で)言おうとしていることが飛びました。皆さんの笑顔を見たら早くお披露目したいなと思いました。楽しんでください」と挨拶。

今までの二階堂には珍しい、イマドキの女子高生役を演じた二階堂は「制服を着たのが久しぶり。制服だからこそ、エリカの気持ちの変化や芽生える恋の気持ちが描けます。等身大の女子高生を演じさせていただけて良かったです」と、自身の役柄についてコメントした。

はち切れんばかりの歓声とともに登場したドSな黒王子・恭也を演じた山﨑は「今日皆さんにこうしてもらえる日が来て嬉しく思います。すごく面白いので楽しんで帰ってください」と挨拶。

ドSな役を演じた山﨑は「(ドSは)役でしかできないので」と言いつつ、MCからのリクエストに応えて原作でも人気のドSセリフ「三回回ってお手からワンだな」を披露し、会場にいる女の子たちは「キャー!!!」という黄色い歓声を上げメロメロに。

恭也とクラスの女子の人気を二分する神谷を演じた鈴木は監督から「危うい感じでやって欲しい」と監督からリクエストがあったそうで「いまだにああいう感じがわからず結構むずかしい」と演じる難しさを明かし「エリカを取り合う役なので、そういうところを自然にできるようにしました。すごいプレッシャーですね。相手が山﨑さんなので。あのワンのあとは喋りづらくて困ってました(笑)」と笑いを誘った。

1 2 3
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』