ローラが渡米し、ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」の舞台裏に密着取材!

2016.04.27 公開


今年、最も注目されている来日ミュージカル作品の一つ、JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」。3度目の来日公演を目前に、宣伝隊長のローラが緊急渡米し劇場の舞台裏を取材した。

ミュージカル『ドリームガールズ』は1981年ニューヨークで誕生し4年間で1500回の上演回数を誇るブロードウェイの王道作品。当然のごとくアメリカ演劇界の最高峰であるトニー賞において13部門にノミネートされ6部門を受賞。2006年にはビヨンセら豪華キャストで映画化され大ヒットを記録。リバイバル版も舞台上演された。  

そんなドリームガールズを来日前に、ロサンゼルスで、いち早く観劇、取材したローラは「キラキラと華やかなステージング」と彼女たちの迫力ある歌声に感動し、バックステージを直撃。

アメリカが誇るミュージカルスターや世界のトップクリエーターを前にしても、そこはさすが、ハリウッド進出を果たすローラ、全く臆することなく、「ドリームガールズ」の魅力を徹底解剖。 

注目の来日キャスト、エフィー役モヤ・アンジェラに対しても、「観ている人にどういった事を感じて欲しいか」と直撃。モヤから「完璧ではないにしても、夢がかなう時がくる。それをお見せする舞台がこのドリームガールズのすばらしいところです。」といった彼女の思いを引き出す。

ローラが渡米し、JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」舞台裏に密着取材!

この模様は、5月14日(土)午後3時30分からTBS(関東地域のみ)「ローラ meets ドリームガールズ ~キラキラの夢に出会う旅~」で放送予定。

ミュージカル「ドリームガールズ」のみどころは、60年代のアメリカを舞台に、幼なじみの女性3人が、様々な苦労や挫折に直面しても、夢や友情を持ち続け、スターダムにのし上がっていく感動のストーリー。劇場が震えるほど迫力ある生の演奏や、抜群の歌唱力で、観客を圧倒する。

今年、大規模なオーディションが行われ、選ばれたアメリカミュージカル界の精鋭たちが来日する。何といっても目玉は、アポロシアターのオリジナルキャストでエフィー役をつとめたモヤ・アンジェラ!劇場で観る感動を味わってほしい。 

JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」 
日程:2016年6月8日(水)~6月26日(日) 全24公演
会場:東急シアターオーブ (渋谷ヒカリエ11F)  
お問い合わせ 
Bunkamura 03-3477-3244
ローソンチケット 0570-000-407


【関連リンク】

ドリームガールズ オフィシャルサイト
http://www.dreamgirls2016.com

ドリームガールズ Twitter @DREAMGIRLS_2016

ローラ Twitter @RolaWorLD

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』