内田理央が史上最弱ヒーローのヒロイン役に挑戦!「前作よりも成長できているように頑張りたい」

2016.03.15 公開


現在公開中の初主演映画「血まみれスケバンチェーンソー」で衝撃的な役を演じ切り、注目を集めている内田理央が、沖縄国際映画祭で誕生した「Mr.マックスマン」のシリーズ第2弾「Bros.マックスマン」のヒロインとして出演することが明らかとなった。

内田理央が演じる五十嵐梨奈は、マックスマンである兄・正義が務めるテレビ局(ジャパンテレビ)でニュース番組のアナウンサーをしており、弟・英雄が恋い焦がれる相手でもある。

内田理央は今期、日本テレビ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」、TBS「ダメな私に恋してください」など、いま旬なドラマにも出演し続けており、パワーアップして帰ってきた「Brosマックスマン」でのヒロインとして、その演技に期待が集まる。

【内田理央 本人コメント】

マックスマンの続編を制作するとお聞きして、しかも本作のヒロインだとお聞きした時は素直に嬉しかったです。マックスマンは特撮出身の方が沢山出演されていたし、史上最弱のスーパーヒーローということで、シリーズ化したらいいなあと思っていたんです。

私は前作と同様、ジャパンテレビのアナウンサー五十嵐梨奈を演じさせて頂くのですが、数年後の話なのでジャパンテレビで働くみんなが昇格しているんです。私自身も、前作よりも成長できているように頑張りたいと思います!

1 2

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』