松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?

2017.04.01 公開


4月1日、新宿武蔵野館にて映画「はらはらなのか。」の初日舞台挨拶が行われ、主演を務めた原菜乃華をはじめとした主演キャスト陣と共に松井玲奈が出席した。SKE48を卒業後、舞台、ドラマ、バラエティーなどジャンルを問わずに活躍する松井だが、意外にも映画出演は今回が初作品となった。



松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?
松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?
松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?
「はらはらなのか。」は2015年に原が主演していた舞台「まっ透明なAsoべんきょ~」を原案とした作品。ストーリーは冴えない子役女優・原ナノカ(原菜乃華)が、亡き母が主演を務めた舞台の再公演とキャストのオーディションに挑み、個性豊かなメンバーと一緒に女優として成長していく。松井演じるリナは、ナノカの転校先の街にある喫茶店「ジャムジャムジェリー」の若き店主で、ナノカとは運命的な出会いを果たす。

本作の見所について聞かれると「そうですね。どこがいいんだろうな?」と悩みながら思案するも、「いろいろあるんですけど・・・見どころ無いみたいになっちゃう(笑)」とたくさんのシーンに思いを巡らせたコメントに会場は笑いに包まれた。



松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?
松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?
「あっ」と突然思いついたのか、「私すごく個人的に好きなシーンが、私と粟島(粟島瑞丸)さんとナノカちゃんのお母さん(松本まりか)と3人で演じていたシーンがありまして、そのシーンがすごく監督も含めてどう撮ったらいいんだろう、っていうのをとても話し合いながら撮ってたシーンだったで、すごく素敵な空気感になってるなと思って、そこがお気に入りです」とネタバレにならないように慎重に発言。本作を観る時の注目シーンとなりそうだ。

舞台挨拶の終了間際、ナノカの父役の川瀬陽太が「私、SKEのオーディションを受ける」と冗談で高らかに宣言。それを受け松井は「年齢的に、もう・・・」と察っするように促し笑いを誘った。終始和やかなムードで行われた舞台挨拶は、本作にふさわしく不思議な雰囲気の中終了した。

映画「はらはらなのか。」は本日4月1日より新宿武蔵野館を中心に全国ロードショー。」

(取材/文・写真:安藤龍之介)



松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?
松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?
松井玲奈が映画『はらはらなのか。』初日舞台挨拶に出席!松井へSKE48入りを宣言した人物とは!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』