氷室京介が「LAST GIGS」東京ドームで圧巻のパフォーマンス魅せ、『B・BLUE』で35年間の有終の美飾る!

2016.05.23 公開

(C)ワーナーミュージック・ジャパン

5月23日、氷室京介が35年の集大成となる“KYOSUKE HIMURO LAST GIGS ”ツアー最終公演を東京ドームで開催した。

この日の東京は、5月にしては珍しく30度を超える夏日ということもあり 開場前からグッズ売り場に並ぶファンや円陣を組み声を上げるファンなど、熱気が凄まじい。

開演時間を少し押して、18時7分、場内が暗転してスクリーンに氷室の懐かしの映像が流れると、オーディエンスから大歓声が起こる。 「東京!最後までやるぜ!」と煽り、氷室は全身黒ずくめの衣装で登場!

1曲目BOΦWYの名曲『Dreamin'』からライブが始まると、 氷室は安定感のある力強いボーカルを響かせる。 サビでは氷室が客席に向かって笑顔でマイクを向けると、 定番のコールアンドレスポンスが繰り返され、 オーディエンスの盛り上がりが最初から凄まじい。

赤い照明に切り替わり、ミッドテンポのナンバー『RUNAWAY TRAIN』から
『BLUE VACATION』と立て続けに披露される。

氷室は「今日は35周年最後。みんなに聞いてほしい曲を
たっぷり用意してるんで楽しんでいってくれ!」とコメントし、
次の曲は『ハイウェイに乗る前に』。氷室自身がBOΦWY時代に作曲した
8ビートにキャッチャーなボーカルメロディーが乗るまさにヒムロックと言えるナンバーに場内の盛り上がりは最高潮に。

『Baby Action』で定番のコールアンドレスポンスで盛り上がったあと、
「ついこないだベスト盤をリリースしました。
俺にとっては最後のベスト盤になるかもしれないけども、
ランキング1位になりました!」と笑顔でオリコン1位をファンに報告する氷室。

「BOΦWYで『JUST A HERO』が何故好きかっていうと、
丁度ブレイクするタイミングで作ったアルバムで、
バンド間の人間関係も大人になりたての複雑な感じだったんだ。

そのアルバムは初めて自分の曲を自分自身でアレンジしていた。
『わがままジュリエット』『ハイウェイに乗る前に』とかね。
いまは亡き佐久間正英さんが名アレンジしてくれたし。
いまになって35年も歌えてることを考えてると、そのアルバムが凄く好きなんだ」とBOΦWY時代を振り返る。

ファンキーな曲調の『ROUGE OF GRAY』に続いて、
キャッチャーなイントロからから始まるロックバラード
『WELCOME TO THE TWILIGHT』では、しっとりと歌い上げる氷室に対して
叙情的なメロディーを奏でるギターソロが印象的であった。

『MISS MYSTERY LADY』『“16”』とアッパーチューンが
続いたあと、日テレのニュースZEROのテーマソングにもなった
バラード曲『IF YOU WANT』では、
神秘的な曲調に氷室の美声が乗っかり、壮大な空間を作り出す。

「本当に俺でいいのか?と思った。俺みたいな不器用で楽なスタンスで
活動してる人間に任せていいのかと。オファーに対して凄く感謝してる。

いまはこの曲は、35年の中でもプライオリティーが高いね。」と氷室はこの曲に対する思い入れを語る。

次に『LOVERS DAY』から『CLOUDY HEART』と感動的なバラードソングが続き、序盤のハイライトを迎える。
渾身のパフォーマンスで歌い上げる氷室に、ファンはそれぞれの思いを噛み締めてしっかりと聴き入る。

スピード感のある照明の演出があり、『LOVE & GAME』がはじまると、氷室のライブでは定番のロックチューンにオーディエンスは大盛り上がり!間奏では元曲よりもハードなアレンジのギターソロで演奏陣も盛り上げる。

「サンキュー!気持ちいいだろ!」とオーディエンスを煽り、GLAYのTAKUROが作曲した『PARACHUTE』を披露する。

この日の氷室は最後ということもありMCが多かったが、このシーンは今後のストーリーを予感させる内容であった。

1 2 3 4

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』