【ライブレポート】キュウソネコカミがTMR風衣装でオーディエンスの心をガッチリわしづかみ!JAPAN JAM BEACH 2016

2016.05.21 公開


5月5日、株式会社ロッキング・オン・ジャパン企画制作のロックフェス『JAPAN JAM BEACH 2016』が幕張海浜公園JAPAN JAM BEACH特設会場にて開催され、キュウソネコカミが出演した。

キュウソネコカミといえば、ガチのリハーサルがお約束。というわけで、濃いファンは早々にステージ前に集結している。リハとはいえ、メンバー全員が本気で演奏し『MEGA SHAKE IT!』をはじめ、3曲のおいしいフレーズをMC付きでガッツリ披露。メンバーもオーディエンスもウォーミングアップはこれでバッチリだ!

そしていよいよ本番。唐突にT.M.Revolution『HOT LIMIT』が流れ、この曲のコスプレでヤマサキセイヤ(Vo/Gt)が登場!オーディエンスの爆笑とともに1曲目『ビビった』がスタートした。

これでテンションが上がらないわけがない!間髪入れずに2曲目の『ファントムヴァイブレーション』へと続き「スマホはもはや俺の臓器」の大合唱が会場に響き渡る。すぐ横の海辺の光景にまったく似合わないフレーズ。でも、この違和感こそキュウソのオモシロさ。全然OK!というかむしろこうでなくっちゃ!

【ライブレポート】キュウソネコカミがTMR風衣装でオーディエンスの心をガッチリわしづかみ!JAPAN JAM BEACH 2016
【ライブレポート】キュウソネコカミがTMR風衣装でオーディエンスの心をガッチリわしづかみ!JAPAN JAM BEACH 2016
このテンションのまま続く『記憶にございません』では「私たちは海から生まれましたという人、手をあげてー!」と叫ぶヤマサキ。まったく意味不明だが、オーディエンスは一斉に「はーい!」と手を上げて、このノリについてくる!

そんなキュウソ流のテンションでオーディエンスの心をがっしりつかんで次の曲『KMDT25』へ。これはヤバい。なぜヤバいか?この曲の間奏には「ドンドンドンカッカ ドドンガドン!」と祭ばやしが入るのだ!

言わんこっちゃない。会場は一体となってお祭り騒ぎに。去年に続きこの曲で爽やかな晴天のビーチが一気にカオスに満ちた盆踊り会場と化した。

【ライブレポート】キュウソネコカミがTMR風衣装でオーディエンスの心をガッチリわしづかみ!JAPAN JAM BEACH 2016

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』