藤原さくらの新曲で作詞・作曲 福山雅治の『Soup (short ver.)』がdヒッツで独占先行配信開始!5/2、5/9番組中に藤原さくら出演「dヒッツ」限定CMオンエア!

2016.05.02 公開


株式会社レコチョクは、 株式会社NTTドコモが提供するスマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ(R) powered by レコチョク」(以下:「dヒッツ」)で、 2016年5月2日(月)より、 藤原さくら「Soup (short ver.)」を独占先行配信する。 この楽曲は、 「dヒッツ」でCD発売より約1か月以上先行して聴くことができる。(藤原さくら「Soup」CD発売日:2016年6月8日)

藤原さくらは2015年3月にデビューした20歳のシンガーソングライター。 初めてのシングルとなる「Soup」は、 彼女自身がヒロインとして出演しているフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌で、 主演の福山雅治が作詞・作曲した楽曲。

『ラヴソング』は、 福山雅治演じる“元プロミュージシャン”神代広平が、 藤原さくら演じる“天性の歌声を持ち吃音に悩む女性”佐野さくらに出会い、 音楽を通して心を通わせ、 失いかけた人生を取り戻すという、 今までにない、 感動のヒューマン&ラブストーリー。 ヒロインが主人公と出会い、 歌を通じて自己表現することを知る、 その出会いが、 彼女に生きる希望を与え、 少しずつ心を開き、 恋心も芽生えていくという物語。 

オーディションでヒロインに選ばれた藤原さくらは、 演技経験は一切ナシ、 オーディションを経て、 新たなステージに立つことになった。

 「“人を惹きつける歌声”、 “独特な表現力”、 “チャーミングなキャラクター”」(『ラヴソング』草ヶ谷大輔プロデューサー)

というヒロイン像と重なる彼女の魅力は自身もアーティストということで、 ドラマでも自然に発揮されている。

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』