【ライブレポート】DOBERMAN INFINITYが幕張メッセ1万人の前で圧巻のライブパフォーマンス!「みんなも夢を諦めないで、諦めるのは次の夢が見つかった時だけです!」

2016.04.17 公開

4月16日、幕張メッセで 五人組ヒップホップグループ
DOBERMAN INFINITYの追加公演、「DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2016 "THE LINE"〜TO THE NEXT〜」初日が開催された。

2015年2月のZEPP TOKYOから1年たち、遥かにスケールアップしたDOBERMAN INFINITYのライブレポートをお届けする。


【ライブ終了後 動画インタビュー】DOBERMAN INFINITYにインタビュー!「今年も夏フェス楽しみにしといてください!」


定刻を少し過ぎて、場内が暗転すると大歓声がおきる。
振り子のアニメーションにあわせて、スクリーンに順にメンバーがモノクロでひとりずつ映し出される。

そして壮大なイントロから5人がスクリーン前に登場すると、1人ずつムービーとシンクロして歌い出すという粋な演出。「D I.!」の掛け声からロゴがステージの左右で「We're D.I!」と赤く点滅し、白のシャツに赤いジャケットに身を包んだ5人のメンバーが登場。

バックダンサーの激しい動きにあわせてリズム感抜群のアッパーチューン『NEO STREET』が始まると、オーディエンスも拳を突き上げて盛り上がる。
サビでは「We're D.I!」というフレーズがコールアンドレスポンスで場内に響きわたり、曲後半では、「全員 今日はひとつになるぞ!」と煽り、ヒートアップしていく。

続いては、激しいギターリフのイントロからテンポの良いラップパートで、
始まった『Do Or Die』。黄色と赤色のスピード感溢れる照明の演出もあり、華やかな曲のイメージを盛り上げていく。そのまま圧巻のテンポで一気に駆け抜けてエンディングへ。

『Phase2』は新たなスタートライン目指して飛び出そういうアグレッシブな楽曲。
「3(スリー) 2(ツー) 1(ワン)」の合図からリズムインすると、
メロディアスな曲調で思わず飛び跳ねたくなるキャッチーなサビでステージとオーディエンスとの一体感を増していく。

【ライブパレポート】DOBERMAN INFINITYが幕張メッセ1万人の前で圧巻のライブパフォーマンス!「みんなも夢を諦めないで、諦めるのは次の夢が見つかった時だけです!」

1 2 3 4

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』