【ライブレポート】真夏の夜Toshlロック祭り スペシャルゲストにX JAPANのHEATH登場!

2015.07.30 公開


7月20日、X JAPANボーカルのToshlがワンマンライブ『真夏の夜Toshlロック祭り』を赤坂BLITZにて開催した。

弦楽器の調べが流れ、ステージの背景にあるスクリーンに、ドクロが映しだされる。今日のToshlはシルバーに輝くスパンコールのジャケットで登場。

1曲目にスタートしたのは『CRYSTAL ROCK 第一楽章』だ。中央に配置されたドラムセットに座るToshl。ドラムスティックを手に取ると、そのままクロスさせてXの文字をつくった後、自らがドラムを叩き始めた。

【ライブレポート】真夏の夜Toshlロック祭り スペシャルゲストにX JAPANのHEATH登場!
Toshlの歌いながらのドラムプレイにヒートアップするオーディエンス。Toshlはパワフルにドラムを叩き続け、曲のクライマックスでは立ち上がって連打。曲の終盤ではドラムセットをなぎ倒し、マイクスタンドを叩きつけるハイテンションなパフォーマンスで我々を驚かせた。今日はこれからどんなステージが待ち受けているのだろうか。

その曲が終わると、2曲目『Love is MARIA』ではバンドメンバーがステージに歩み出てオーディエンスをあおる。笑顔を見せながら改めて登場するToshl。X JAPANのライブとはまた違い、この日のライブにはパーソナルなステージならではの空気感が流れている。

「魔夏のロック祭りへようこそー!おまえたちの大好きな肉弾戦だぜ。やるときゃやれよ~」Toshlの叫ぶようなMCで『Sadistic Desire』が始まると、ステージ前は激しいモッシュエリアに。ファンにはたまらないこのナンバーをやられたら、オーディエンスもアイドリングを終え、本気で暴れないわけにはいかないというほどの勢いだ。

『Sadistic Desire』が終わると、Toshlはステージ最前列のオーディエンスにうちわで風を送り「みんな押さないで。一歩ずつ下がって」など気配りをする優しい一面も。

次の『JOKER』では、ステージ裾から赤・緑・黄と5つのバルーンが飛び出し、オーディエンスの頭上を跳ねる。Toshlも自らバルーンを掴んで振り回したり、バルーンがステージに戻ってくると客席に蹴り返して応戦。

マイクとうちわを手に楽しみながら歌っている様子が、会場全体の雰囲気を和らげ、まさに「ロック祭り」といったお祭りムードが展開される。

1 2 3
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』