家入レオ『4th ワンマンTour ~20 twenty~』日比谷野音で10代に別れを告げ、新たな20代を生きていく!

2015.05.07 公開


5月4日東京・日比谷野外大音楽堂で家入レオのワンマンライブツアー『4th ワンマンTour ~20 twenty~ 』の初日が開催された。17時45分を少し回ったころまだ空の明るさが残る中、バンドメンバーに続いて白のTシャツに黒のベスト、黒のパンツ姿で家入レオがステージに登場すると大歓声が起こる。

序盤ではシングル曲『Shine』など定番ソングが披露されると、青色のサイリウムを振りオーディエンスが応える。サビで飛び跳ねたり、ステージを左右に横断したり満員の客席に視線を送りながらも、力強く歌い上げる家入のパフォーマンスには余裕が感じられる。

最初のMCで「みなさんこんばんは!家入レオです。今日は4thワンマンツアーにようこそお越しくださいました。」と、まずは 感謝の気持ちを伝える。「私は13歳の時に尾崎豊さんの『15の夜』を聞いて、音楽の道を志しました。その 尾崎さんも立ったこの場所で歌いたいという願いが叶って今日ここで初日を迎えられるので凄く楽しみにして来たんですけど、みなさんはどうですか?」と熱い思いを伝える。

「今日は一生忘れられないライブになる予感がします。ライブというのは1人で作れるものじゃないんので、この会場のみんなと一生忘れられない公演にしていきたいと思います。」

 

1 2 3

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』