【ライブレポート】10-FEET・TAKUMA「行こうぜ、アポストロフィの向こうへ」ラストはタオルの花が会場いっぱいに乱れ咲き

2017.04.18 公開


氣志團主催の奇跡の対戦型フェスイベント『THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017』2日目、暗くなったステージから響き渡るのは、ゲーム・ドラゴンクエストの「そして伝説へ」。タオルを広げて高く掲げてメンバーの登場を待つ。

もうわかった方もいるのではないか。10-FEETのパフォーマンスが始まろうとしているのだ。気がつけば周りは「京都大作戦」とロゴが入ったTシャツを着た人たちが集まっていた。



「さぁー行こかー!」TAKUMAの京都のはんなり感をまとった軽やかな掛け声で始まった『VIBES BY VIBES』と『その向こうへ』。会場は瞬く間に10-FEETのペースに飲まれた。

「前からウェーブ!おお!次、後ろから返してー!せーの!」TAKUMAの提案で行われたウェーブは、ステージから会場の端までつながる工夫だろう。10-FEETの優しさを感じる。それでもTAKUMAは「すげぇ盛り上がったけど、すげぇ微妙」とし、「誰のせいでもない。全部俺のせいや」とKOUICHIがテンポの良い掛け合いを見せ、笑いを誘った。



【ライブレポート】10-FEET・TAKUMA「行こうぜ、アポストロフィの向こうへ」ラストはタオルの花が会場いっぱいに乱れ咲き
「嫌なこと、一瞬で忘れちゃいましょう!」の曲フリで始まったのは『Freedom』。会場は、ジャンプでメンバーのパフォーマンスに応えた。『1sec.』を披露し、だんだんノッてきたところで「アンコールはじめますー!」、さらにやわらかな世界観が印象的な『アンテナラスト』『ヒトリセカイ』に移る際にも「ダブルアンコールはじめますー!」とボケながらも、圧倒的なバンドパフォーマンスを繰り広げた。中でもベースのNAOKIは回し蹴りをしながらの演奏は目を引いた。

今回のフェスに関して、「セット作るのも、全部氣志團がやってくれた。」と感謝を述べ、「俺は八つ橋しか渡してない。」と京都土産を送ったことを明かし、今までロックを聴いていたとは思えないような柔らかい笑顔が会場に溢れた。

氣志團の決め台詞といえば「行こうぜ、ピリオドの向こうへ」だが、TAKUMAは「行こうぜ、アポストロフィの向こうへ」とキメた。「みんな知ってます?アポストロフィ?中学の時以来使わない。」というTAKUMAの発言に、「誰のせいでもない。全部俺のせいや」とKOUICHIがかぶせてしっかりオチをつけ、会場の温度はまた一段と上がった。



【ライブレポート】10-FEET・TAKUMA「行こうぜ、アポストロフィの向こうへ」ラストはタオルの花が会場いっぱいに乱れ咲き
【ライブレポート】10-FEET・TAKUMA「行こうぜ、アポストロフィの向こうへ」ラストはタオルの花が会場いっぱいに乱れ咲き
そんな盛り上がりからか、もっと10-FEETと音楽を共有したいと思った人はたくさんいた。また、10-FEETのサービス精神には驚かされる。『RIVER』の歌詞には「河」という言葉が出てくるが、千葉・幕張で行っていることを意識してか「利根川」と歌詞を変えて歌い上げた。

最後は『CHERRY BLOSSOM』で締めた。TAKUMAは「タオルなくすなよー」と気遣いながらも、会場を煽った。サビでタオルを真上に投げるこの楽曲では、タオルの花が会場いっぱいに咲き、幕張の春を感じる演出だった。

(取材/文:村松美紀)



【ライブレポート】10-FEET・TAKUMA「行こうぜ、アポストロフィの向こうへ」ラストはタオルの花が会場いっぱいに乱れ咲き
4月16日 THE GREAT ROCK'N'ROLL SEKIGAHARA 2017
10-FEET セットリスト

M1:VIBES BY VIBES
M2:その向こうへ
M3:Freedom
M4:1sec.
M5:アンテナラスト
M6:ヒトリセカイ
M7:RIVER
M8:CHERRY BLOSSOM 

【ライブレポート】10-FEET・TAKUMA「行こうぜ、アポストロフィの向こうへ」ラストはタオルの花が会場いっぱいに乱れ咲き

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』