【ライブレポート】N'夙川BOYSが活動休止前ラストライブで全身全霊のパフォーマンスを魅せる!

2016.03.01 公開


このライブで無期限活動休止となるN'夙川BOYSが、2/25(木)大阪・なんばHatch、2/27(土)東京・恵比寿THE GARDEN HALLにて2日にわたってラストライブを開催した。今回は2/27(土)東京・恵比寿THE GARDEN HALLでのライブの模様をレポートする。

「2007年2月、太陽の塔の下で結成。楽器をとっかえひっかえ。演奏力なんて言い訳程度。そんなロックンロール・バンド、アリだと思います!」N'夙川BOYSの魅力は、このフレーズに集約されている。

曲や気分によって演奏する楽器を変えるという個性の強い3ピースバンド。一度観たら絶対に忘れられないインパクトのあるパフォーマンスで楽しませてくれる唯一無二のバンドだ。

会場にバイクのエンジン音が鳴り響き、いつもの入場曲でメンバーが登場。そのとたん、オーディエンスはグッとステージ前へ詰め寄る。いよいよ活動休止前ラストライブのスタートだ。

ラストとはいえ、いつものライブとまったく変わらないペースで1曲目『How many Japanese』から3曲目の『Freedom』まで一気に駆け抜ける。

「いいぜ東京!まだまだ行きますよ。パワーはあるのか?」メインヴォーカル&ギターのマーヤLOVEのメッセージとともに、ステージ前にいたシンノスケBOYsがギターを降ろし、ドラムセットにスタンバイ。

ドラムを叩いていたリンダdadaがステージ前へ出て満員のオーディエンスに手を振る。

 

【ライブレポート】N'夙川BOYSが活動休止前ラストライブで全身全霊のパフォーマンスを魅せる!

1 2 3 4 5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』