【ライブレポート】キュウソネコカミがビクターロック祭りに参戦!皮肉と笑いのキュウソ劇場!

2017.04.03 公開

photo:Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)


3月18日、幕張メッセにてビクターロック祭り2017が開催された。キュウソネコカミのメンバーがステージに登場し、リハーサルを始めたと思ったら

「Full power rehearsal. Are you ready!?」

と、初の海外公演を終えて帰ってきた彼ららしく、開演前から全力リハで会場をぶち上げてステージをスタート!



ビクターロック祭りは2年ぶりの参戦となる彼ら、一曲目は『邪邪邪 VS ジャスティス』を披露した。リハーサルでは笑いも交えたパフォーマンスだったが、本番がスタートすると高い演奏力で会場にビシッとしまった空気をつくる。

CMソングとしてお馴染みの『MEGA SHAKE IT ! 』を二曲目に披露すると、超満員のフロントエリアは手を挙げ叫び、転調後はすかさずハンズクラップ!目が回るようなスピード感でギアを一気に上げていく。

三曲目はヨコタシンノスケ(Key/Vo)のキーボードのリズムが気持ち良い『ファントムヴァイブレーション』。ヤマサキセイヤ(Vo/Gt)に合わせて会場はまた手を振り叩き、そして歌う。

「スマホはもはやおれの臓器!!」スマホが肉体の一部のように肌身離せなくなっているリアルな日常を描いた歌詞を、血が踊る非日常の会場で数千人のオーディエンスが叫ぶ光景は、皮肉とユーモアを織り交ぜたキュウソネコカミの楽曲を象徴する光景のようであった。



アーティストらしい(?)やたら感傷的なMCの後『DQNなりたい、40代で死にたい』が披露され、フリーキーなオカザワカズマ(Gt)のギターに乗せて曲が進行。曲中盤でヤマサキセイヤがフロアに乗り込み「ラン、ランララ、ランランラン…」と歌いながら観客の上を歩き、会場を大爆笑の渦に巻き込むと、曲最後の締めに…

「ヤンキーこわい!!」

まだパフォーマンスは終わっていないが、壮大な物語のエンディングのような光景。ファンはこの景色を見たくて何度も何度も、キュウソのライブに足を運んでしまうのだろう。

『ハッピーポンコツ』で踊りまくった後は『ビビった』。野太いベースラインとJ-POPシーンに噛み付く歌詞のコンボでラストスパートを畳み掛ける。

「全力で踊りませんかー!」

お祭り好きも捻くれ者も就活から逃げてきた学生も今日は踊れ!彼らが今日幕張メッセのステージに立って歌う歌は、就活生に限らず、普通の社会に閉塞感や違和感を感じる人たちの鬱憤を解放する自由と皮肉の言霊だ。

オーディエンスがこの日のために溜め込み持参した鬱憤を綺麗に掃除して、キュウソネコカミのステージは幕を下ろした。

(取材/文:樋熊涼)



3月18日 ビクターロック祭り2017 BARK STAGE
キュウソネコカミセットリスト

M1.邪邪邪 VS ジャスティス
M2.MEGA SHAKE IT ! 
M3.ファントムヴァイブレーション
M4.家
M5.DQNなりたい、40代で死にたい
M6.ハッピーポンコツ
M7.ビビった

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』