【ライブレポート】Coccoがビクターロック祭りのステージに登場!優しく、そして心響かせる力強い歌声が会場に鳴り響く!

2017.04.03 公開

photo:Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)


3月18日、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント企画制作のロックフェス『ビクターロック祭り2017』が幕張メッセで開催され、Coccoが出演した。



音楽シーン以外にも、絵本作家や舞台と多方面で活躍しているCoccoがビクターロック祭りのステージに現れた。バンドメンバーに続き、ベージュ色のワンピースに身を包んだ彼女が登場し『強く儚いものたち』からライブスタート。彼女の響き渡る歌声が会場を包み、一気に観る者を引き込んだ。

続いて、グランドピアノの綺麗なイントロから始まったのは、『カウントダウン』。サビの激しいバンドサウンドに、彼女の熱量が伝わる程の力強い歌声に観客は圧倒される。



次に、NHKドラマの主題歌になった『樹海の糸』を披露。爽快感のある爽やかなサウンドに、彼女の染みわたる歌声が綺麗に重なる。その後、『Raining』『愛うらら』と続き、ラストは最新アルバム『アダンバレエ』に収録されていた『有終の美』。彼女らしい深みのある歌声に、壮大さを感じるバンドサウンドが会場いっぱいに響き渡った。

途中MCを一切挟まず全曲歌きった後に「ありがとう」と一言残し彼女のステージは幕を閉じた。3月21日にデビュー20周年を迎える彼女。これまでの集大成を物語ったとも言える今回のステージは、とても感慨深いものであった。

(取材/文:中谷憲都)



3月18日 ビクターロック祭り2017 BARK STAGE
Cocco セットリスト

M1.強く儚いものたち
M2.カウントダウン
M3.樹海の糸
M4.Raining
M5.愛うらら
M6.有終の美

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』