山寺宏一、日髙のり子、関俊彦の伝説の声優ユニット・バナナフリッターズが25年の時を経て電撃復活から22年ぶりの新曲『あのね』を発表!

2017.03.30 公開

©森下裕美・OOP/Team Goma


バナナフリッターズは、1991年に山寺宏一(1961年6月17日生まれ)、日髙のり子(1962年5月31日生まれ)、関俊彦(1962年6月11日生まれ)で結成した声優ユニットで、舞台・ライブ・ラジオ番組・CD等で活動していたが、1995年に活動停止。



CDデビュー25周年にあたる昨年、2016年8月21日にニコ生特番(生放送)で電撃復活し、再始動宣言。そして、今年の1月からは25年ぶりとなるラジオのレギュラー番組『BANANA FRITTERS A-Go-Go!!!』をスタートさせた。

さらに、メンバーの念願であった、復活ライブ「BANANA FRITTERS A-Go-Go!!! Re:LIVE2017」を、この3人が唯一55歳でいられる2017年6月に、東京国際フォーラム・ホールCで開催することを発表。復活ライブに向けて整備が整う中、いよいよ待望の22年ぶりの新曲「あのね」を発表した。

この新曲は4月4日(火)よりOAされるNHK Eテレアニメ『少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん』第2シリーズエンディングテーマとして書き下ろされたもの。

結成25周年にして初のタイアップであり、アニソンとなったことにメンバーも大喜びで、ラジオ番組に祝福でかけつけた、少年アシベの着ぐるみともども大変な盛り上がりを見せた。



【メンバーコメント】

■山寺宏一
22年ぶりの復活で新曲をリリースできるだけでも嬉しかったのに、アニメのエンディングになるなんて夢のよう!ゴマちゃん好きの子供たちが「あのね」を口ずさんでくれたら幸せです。

■日髙のり子
大人にも子どもにも愛され続けている「ゴマちゃん」のエンディングを、22年ぶりに復活したバナナフリッターズとして歌えることがとても嬉しいです。バナフリとして、アニメの主題歌を歌うのは初めて!お子さんとテレビをご覧になっているお父さんやお母さんよりも、歳上に違いない私たちですが、友達に「あのね」と話しかけるような優しい気持ちで歌いました。家族みんなで歌ってもらえたら嬉しいです。

■関俊彦
この「あのね」という曲を、これからゴマちゃんを見てくれる、たくさんの皆さんに聞いてもらえると思うと、とっても嬉しいです!ぜひ皆に覚えてもらいたいですね☆

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』