ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!

2017.01.03 公開

(写真提供:©rockin'on japan)


12月30日、株式会社ロッキング・オン・ジャパン企画制作のロックフェス『COUNTDOWN JAPAN 16/17』が幕張メッセで開催され、DECAYSが出演した。

DIR EN GREYのDieとMOON CHILDの樫山圭が中心となって結成されたユニット、DECAYS。メンバーはDie(Vo./Gt.)、中村 中(Vo./Gt.)、樫山 圭(Dr.)、Ayasa(Vi.)、寺沢 リョータ(Ba.)、チドニー(☆)の6人で構築されているバンドであり、今回はメンバー個々の拘りを感じさせる衣装で登場。

『Aesthetics of the transgression』からライブが始まり、Dieと中村 中のマッチした歌声が重なり合う。続く、『Zero Paradise』では、洗練された音色が響くAyasaのヴァイオリンがその存在感を示す。

 

ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!(写真提供:©rockin'on japan)


ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!(写真提供:©rockin'on japan)


ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!(写真提供:©rockin'on japan)


『D/D』では、中村 中の「紹介しよう。我らがギターモンスター、Die!!」の掛け声と同時に、Dieのソロパートが鮮やかにスクリーンに映し出される。最後は『Rana』を思うがままのグルーヴ感溢れるサウンドで締める。

DECAYS は2016年12月に1st ALBUM『Baby who wanders』を発売し、2016年12月から1月にかけてのツアー、「DECAYS LIVE TOUR 2016-2017 「Baby who wanders」」の最中である。

各ヴィジュアルバンドから集結したメンバー、更に異彩を放つヴァイオリンなど、他では見ない新しいカテゴリーとして2017年も期待の目が高まる。

 

ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!(写真提供:©rockin'on japan)


ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!(写真提供:©rockin'on japan)


ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!(写真提供:©rockin'on japan)


ヴィジュアル系バンドDECAYSが、COUNTDOWN JAPAN 16/17で妖艶なライブパフォーマンスを見せつける!(写真提供:©rockin'on japan)


(取材/文:中谷憲都)

12月30日 MOON STAGE 
DECAYSセットリスト:

M1:『Aesthetics of the transgression』
M2:『Zero Paradise』
M3:『愛と哀を遺さず…』
M4:『HELLO!NEW I』
M5:『D/D』
M6:『Rana』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』