【ライブレポート】テクノポップユニット・Perfumeがカウントダウン・ジャパンに出演! EARTH STAGEに響き渡る電子音に会場はダンスフロアと化す!

2016.12.29 公開

(写真提供:©rockin'on japan)

12月28日、株式会社ロッキング・オン・ジャパン企画制作のロックフェス『COUNTDOWN JAPAN 16/17』が幕張メッセで開催され、テクノポップユニット・Perfumeが出演した。

EARTH STAGEに紫をベースとした煌びやかな衣装で登場したPerfumeは
ステージのライトアップと同時に『Party Maker』からテクノポップ調のダンスナンバーでライブをスタート!

「手を上げて〜」という歌いだしから始まったこの曲、まるでこのフェスのために作られたかのような歌詞、そして可憐なダンス。一曲目からすっかり会場をPerfume色に染めていく。

次にメンバーがステージの最前線まで近づき、今年映画、曲とも大ブレイクした『FLASH』を披露。中田ヤスタカの味が強めな心までも踊らすサウンド、そしてPerfumeの楽曲の中でも秀逸のキレ味を誇るこの楽曲で見る者を圧倒!

【ライブレポート】テクノポップユニット・Perfumeがカウントダウン・ジャパンに出演! EARTH STAGEに響き渡る電子音に会場はダンスフロアと化す!

(写真提供:©rockin'on japan)


ここでいつもの自己紹介を可愛く決め、あ〜ちゃんのMCに移る。「2016年は沢山ライブをしてきて、このカウントダウン・ジャパンで今年の締めくくりをしたい思っているのですが、その為には皆さんの力が必要です!一緒に盛り上がっていきましょう!」とオーディエンスに働きかけると、客席は大きな歓声で応える。

ここで、最近ライブでは披露していなかった『ナチュラルに恋して』を久々に披露する。恋する女性、可愛くなるために頑張っている女性、そういった歌詞のテーマに合わせて繊細で可愛らしい振り付けをするとオーディエンスの目は釘付けに。

後半は『だいじょばない』、『Miracle Worker』と、これぞPerfumeの曲と言える、エレクトロサウンドを全面に押し出した名曲が続く。最後は知らない人はいないであろう、大人気曲『チョコレイト・ディスコ』で会場全体を盛り上げた。

今年は4月に6枚目のアルバム『COSMIC EXPLORER』を発売し、アリーナツアー、海外ツアー含め、Perfume史上最長最大のツアーの年であった。2017年は1年3カ月振りのシングル、「TOKYO GIRL」が2月15日に発売される。

Perfumeは2017年もさらなる大きなステージでの活躍が期待されるであろう。そう感じられる今回のカウントダウン・ジャパンのライブパフォーマンスであった。

(取材/文:中谷憲都)


12月28日 COUNTDOWN JAPAN 16/17
EARTH STAGE Perfumeセットリスト:

M1:『Party Maker』
M2:『FLASH』
M3:『ナチュラルに恋して』
M4:『Baby Face』
M5『だいじょばない』
M6:『Miracle Worker』
M7:『チョコレイト・ディスコ』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』