【ライブレポート】SPYAIRがZepp Tokyoで魅せたロックの真髄。 『GLORY』『イマジネーション』など人気曲を圧巻のライブパフォーマンスで披露し3000人を魅了!

2016.12.02 公開

(写真:鳥居洋介)

11月29日、Zepp Tokyoにて、「SPYAIR TOUR 2016 RAGE OF DUST」東京公演が開催された。

満を持して迎えたSPYAIRの東京公演はSOLD OUTで、開場した途端に1Fのスタンディングエリアがオーディエンスで埋め尽くされた。

会場には2Fのスタンディング席も含め3000人近くのファンが押し寄せていた。

【ライブレポート】SPYAIRがZepp Tokyoで魅せたロックの真髄。 『GLORY』『イマジネーション』など人気曲を圧巻のライブパフォーマンスで披露し3000人を魅了!

(写真:鳥居洋介)

 

開演前から多くのファンが期待を寄せている中、初めにステージに登場したKENTA(Dr.)のドラムソロから勢いよくライブがスタート。

まずは挨拶代わりにハードな演奏で重低音を響かせる。

 【ライブレポート】SPYAIRがZepp Tokyoで魅せたロックの真髄。 『GLORY』『イマジネーション』など人気曲を圧巻のライブパフォーマンスで披露し3000人を魅了!

(写真:鳥居洋介)

序盤からアップテンポなナンバーで会場のボルテージは徐々に上がり、外の寒さを完全に忘れさせてくれる程の盛り上がりをみせる。その中でもキャッチーなボーカルメロディーから始まった『GLORY』では、リズム隊も息のピッタリ合ったパフォーマンスで疾走感抜群の楽曲を盛り上げる。

サビでは「Stay Gold」と観客が声を大に叫び、それに応えるかのようにまっすぐ歌いきるIKE(Vo.)。これまでSPYAIRが歩んできた道のりを描いたような歌詞には、心を奪われるものがあった。

続いて披露された2012年第1弾シングル『My World』は、壮大なメッセージソングで、ハードなギターサウンドに合わせてIKEの力強いボーカルが響き渡りオーディエンスを圧倒する。

【ライブレポート】SPYAIRがZepp Tokyoで魅せたロックの真髄。 『GLORY』『イマジネーション』など人気曲を圧巻のライブパフォーマンスで披露し3000人を魅了!

(写真:鳥居洋介)

そしてSPYAIRの代名詞と言えばこの曲、『現状ディストラクション』もかつてないぐらいの盛り上がりを見せた。ライブでは定番となっていて、観客のほとんどは聞いたことがあるであろうナンバーであるが、場内の掛け声や拍手など一体感が凄まじくますますヒートアップしていく。

『INCOMPLETE』に続いて、心地よい疾走感がウリの『イマジネーション』も披露。曲中、UZ(Gt.)によるメロディアスなギターソロがあり、熱いサウンドを轟かせた。

【ライブレポート】SPYAIRがZepp Tokyoで魅せたロックの真髄。 『GLORY』『イマジネーション』など人気曲を圧巻のライブパフォーマンスで披露し3000人を魅了!

(写真:鳥居洋介)

最後にIKE(Vo.)のMCが入り、「これからもステージに立ち続けるし、音源も出し続ける。だからお前達もついてこいよ!」「ラスト一曲、ロックなやつやるぞ!東京かかって来れんのか!」と熱く煽り、このツアーのテーマでもある『RAGE OF DUST』を披露。重圧なサウンドにIKEの硬質で力強い歌声が響き渡る、まさにSPYAIRのロックを魅せつけてくれた。

 

SPYAIRの今後の予定であるが、12/29からアリーナツアー「真冬の大サーカス」が東名阪で決定しており、ますますの活躍が期待される。

(取材・文:中谷憲都)

 

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』