【ライブレポート】YOSHIKIとHYDEがセルフィー激写で大盛り上がり!?YOSHIKIのピアノで名曲バラードを歌うHYDEに大歓声の嵐!

2016.11.10 公開

(©VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten)


世界で活躍する日本のヴィジュアル系アーティストが集結する日本最大のヴィジュアル系音楽フェス「VISUAL JAPAN SUMMIT2016 Powered by Rakuten」が10月14日〜16日の3日間、幕張メッセにて開催された。

大盛況だった初日に続き、2日目も大御所アーティストたちが多数出演!その中でも特に注目を集めていたのが日本のヴィジュアルロックを代表するYOSHIKIとHYDEのスペシャルコラボ。

特別なフェスだからこそ実現することができたこの夢の共演に多くのヴィジュアルロックファンが会場を埋め尽くした。手拍子と大歓声の中から登場したのは白の衣装に身を包んだYOSHIKIと黒の衣装に身を包んだHYDE。圧倒的な二人の存在感と貫禄に場内のボルテージもMAX全開!

ステージ中央にあるピアノをYOSHIKIが奏でると同時に流れ出したのはL’Arc~en~Cielのバラード曲『MY HEART DRAWS A DREAM』。ブルーライトに照らされながら歌うHYDEの歌声にあっという間に心を奪われていく。サビの部分ではHYDEの合図を意図したかのようにオーディエンスが大合唱!

YOSHIKIがあえてピアノを止めて無言の煽りを入れていくなど1曲目から胸をときめかせてくれる演出に興奮しないわけがない。

「HYDEさんとYOSHIKIのユニットです(笑)。今日は本当に来てくれてありがとう!」とHYDEに感謝の言葉を述べるYOSHIKIの顔は実に晴れやか!

最近はHYDEと一緒に飲むことが多いとプライベート事情を明かすYOSHIKIの話にオーディエンスは耳を傾ける。「この前は5時間くらい2人で飲んでいたよね」と笑顔で話すYOSIKIとHYDEの大御所二人が微笑ましくなる穏やかな空間に思わず場内からも笑い声が・・・。

「あまり気にしていなかったけれど、よく考えたらYOSHIKIさんとステージに立つってどういうこと!?」と改めて自分自身にツッコミを入れるHYDEにまたまた場内大爆笑。

さらに和やかムードに便乗して「セルフィーでも撮ろうか?」と携帯を取り出すYOSHIKI。オーディエンスをバックにHYDEと一緒に自撮りをしようとポーズをとる姿がなんだかお茶目だ。「ピコ〜ン」というシャッターオンに笑っちゃいけないと思いつつも笑いが止まらない。

「もう一曲いってみようか。」

再びYOSHIKIのピアノが始まると場内からは「オーーー!!!」と歓声が。それもそのはず、流れ出した曲はX時代にリリースした8作目のシングル『Say Anything』。このバラードをHYDEが歌う、贅沢すぎるこの光景をいつまでも目に焼き付けておきたい、そう思わさざるを得ないほどの充実感が会場を包み込んでいく。

短い時間の中に凝縮された特別な時間にオーディエンスも大満足。仲良く肩を組みながらステージを去るYOSHIKIとHYDEのユニットを再び拝める日も遠くないかもしれない。

(取材/文:izumi)

10月15日 VISUAL JAPAN SUMMIT 2016
HYDE×YOSHIKI セットリスト

M1. MY HEART DRAWS A DREAM
M2. Say Anything

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』