15,000人が大熱狂!!2016年ビクターロック祭りTHE BAWDIESがトップバッターを務める!

2016.02.15 公開

Photo by Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)

レコード会社である、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント(以下ビクター)が主催するロックフェスティバル「ビクターロック祭り〜2016〜」が、2016年2月14日(日)に幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催された。

「ビクターロック祭り〜2016〜」は音楽事業で80年を超える歴史をもつ日本のレコード会社として、いつの時代もロックシーンに確かな足跡を残し続けているビクターが「ずっとロック、これからもロック」を合言葉に開催する”ロックのお祭り”で、2014年に初開催。2015年に続き3回目の開催となる今回は、メインステージであるBARK STAGE(ビクター犬にちなみ、”吠える”の意味)、サブステージとなるROAR STAGE(”唸る”の意味)の2ステージ制と規模を拡大しての開催となった。また今年は2月14日“バレンタインデー”に開催ということもあり、場内にはえんむすび神社が出現するなどこの日ならではの演出に加え、今年も巨大なニッパー(ビクター犬)が登場するなどイベント随所に会場を盛り上げる仕掛けが組み込まれた。


THE BAWDIES、サンボマスター、THE BACK HORN、Dragon Ash、レキシ、くるり、サカナクションという、ロックシーンを象徴するアーティストに加えて、Gacharic Spin、Awesome City Club、藤原さくら、go!go!vanillas、DJやついいちろう、SAKANAMONという、次世代のJ-ROCKを担う期待の新星たちを含めた全14アーティストが出演。さらに今年で2回目となるDJダイノジの出演や、ビクターロック祭りへの出演をかけた「ワン!チャン!!」オーディションでグランプリに輝いたヤバイTシャツ屋さん、kikiの出演などイベントに花を添えた。

15,000人が大熱狂!!2016年ビクターロック祭りTHE BAWDIESがトップバッターを務める!


今年3回目を迎えるビクターロック祭りのトップバッターとしてBARK STAGEに登場したのは、8ビートを基調としたスタンダードなロックチューンが売りのTHE BAWDIES。昨年は2度目となる武道館公演を成功させたほか、ROCK IN JAPAN FESTIVALなどフェスへの出演も果たし、いま勢いに乗っているバンドである。

4人が登場すると待ち焦がれた観客からの力強い歓声が会場を包む。そして、スタートした1曲目「IT’S TOO LATE」。躍動する熱いビートに誘われ、フロア全体にダンスの輪が一気に広がる。2曲目「SING YOUR SONG」では、「一緒に歌ってもらっていいですか?」とROYが呼びかけると、巻き起こった特大のシンガロング。誰も彼もがTHE BAWDIESのロックンロールの虜となっていた。観客の明るい歌声も加わり、とびっきりの一体感が生まれたライブとなった。

【ライブレポート】

サカナクションがビクターロック祭りのトリでアンコールに応える!

サンボマスター、ビクターロック祭りを大いに盛り上げる!

ビクターロック祭りでレキシが驚きのパフォーマンスを繰り広げる!

 

15,000人が大熱狂!!2016年ビクターロック祭りTHE BAWDIESがトップバッターを務める!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』