【ライブレポート】MY FIRST STORY が噂の新曲『ALONE』披露!灼熱地獄の超激アツLIVEで大フィーバー!

2015.08.15 公開

8月2日、日本最大のロックフェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015』が開催された。ギラギラと照りつける灼熱の太陽の下、木立に囲まれた芝生ステージ"SOUND OF FOREST"には朝早くから多くの若者達が。彼らが待ちわびるのは今、ロックシーンで激アツ!!と言われている次世代ロックバンド『MY FIRST STORY』。

木漏れ日の中に響き渡る最初の曲はライブでもお馴染みの『monologue』。大歓声に包まれながら登場したHiro(vo.)、Teru(gt.)、Sho(gt.)、Nob(ba.)、Masack(dr.)が繰り広げる歌声と演奏に一気に引き込まれていく。

黒サングラ スが似合い過ぎるHiroの「かかってこいや!ロッキンジャパン!!」という雄叫びを待ってました!と言わんばかりにオーディエンスも次から次に 食らいついていく様はまさにロック!

ジャケットを脱ぎ捨て、"Zephyren"のロゴが入った白タンク姿で焼けた素肌をさらけ出したHiroが高々と手を上げてさらに煽っていく。

「まだまだ元気余っているよな!?全員手を上げろ!!」これを皮切りに待ったなしのOiコール開始!見かけからは想像も付かないHiroの攻撃的 なハイトーンボイスが木霊した。

『虚言NEUROSE』『The Story Is My life』『最終回STORY』とファンには嬉しすぎる人気ナンバーが続々と流れ、次は何がくるのか・・・!?と期待に胸を膨らませていると「8月5日に 新しいシングルが出ます!ロッキンジャパンに向けて新曲やりたいと思いますがいけますか!?皆さん!?」

なんと新曲『ALONE』を歌うという! 同曲は学校法人・専門学校HALのTVCMソングとしてオンエアされており、カプコン新作音楽ゲームとのコラボレーションを実現させた「CD」× アーケード音楽ゲームという新しい試みにも挑戦している。

メッセージ性の高い歌詞と力強いメロディが彼らの成長と存在証明を物語っている。力の限りを尽くしてアグレッシブにプレイする姿はもう『若手』とは言わせない貫禄すら漂う。

「ロッキンジャパンめちゃめちゃ楽しいです!いけますか!?一緒に楽しむ覚悟はありますか!?」場内にいる全員をしゃがませて、「3,2,1」の合図でオーディエンス全員が特大の大ジャンプ!

腹の底から大きな声を出してくれよ!!とオーディエンスに向かって両手を全身全霊を捧げるかのように歌い続けていくHiro。そしてついにラスト 2曲、まず流れ出すのは『Second Limit』そして最後を飾るのは『不可逆リプレイス』。

またまた沸き起こるoiコールとハンズクラップでフルパワー全開で駆け抜けていく! まさに今、勢いよく進化し続けるMY FIRST STORY。今後もさらに活動の幅を広げ、飛躍していくであろう彼らにますます目が離せない!

(取材/文:(c)izumi)

【ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015 MY FIRST STORY セットリスト】

M1.monologue
M2.虚言NEUROSE
M3.The Story Is My life
M4.最終回STORY
M5.ALONE
M6.Someday
M7.モノクロエフェクター
M8.Second Limit
M9.不可逆リプレイス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』