【ライブレポート】SiMが氣志團万博に今年も出演!氣志團に寄せた学ラン姿のメンバーに大きな歓声が沸き上がる!

2016.09.30 公開

photo by 釘野孝宏


9月18日、ヤンキー系ロックバンド「氣志團」が主催のロックフェス、「氣志團万博2016」が千葉県、袖ケ浦海浜公園で開催され、18日のYASSAI STAGEにSiMが出演した。

氣志團万博2日目、YASSAI STAGEのトップバッターを務めたのは4人組レゲエパンク、SiM。一組目とは思えない程の大人数が会場を埋め尽くす中、氣志團に宣戦布告するかのような、背中に「氣志團上等!」と書かれた学ランでメンバーが登場。

ステージに現れるとMAH(Vo.)の「人間!何事もあいさつが大切という事で!おはようございますっ!」という振りにオーディエンスも大きな歓声で応える。その勢いのまま一曲目『f.a.i.t.h』から彼らのパフォーマンスは始まる。

一曲目とは思えない程のパフォーマンスにオーディエンスの熱気も一気に急上昇。しかし曲の一番が終わるといきなり、「お疲れ様でしたー。この後も楽しんで行ってくださーい。」と言ってメンバーが全員捌けていく場面があり、笑いが起きる。

ここでメンバーがステージに戻り、MAHが「せっかく湘南から来たわけですから、もうちょっと遊んで帰ります!」と言い、勢いよく『Blah Blah Blah』を披露。サビの「オーナーナナー!」というフレーズをメンバー、オーディエンスとも熱く叫び切る。

次に、MAHが「全員手を上げろ!右手左手交互に振れ!」と指示し、「モンキーダンスしようぜ!」言い放ち、『GUNSHOTS』を披露。SHOW-HATEによるリズミカルなキーボード、更にMAH特有のオートチューン(マイクエフェクター)も起用したり、見どころ満載な一曲であった。曲の終わりではMAHが手で銃口を作り、オーディエンスに向けて撃ち抜く仕草に歓声は更に上がった。

 

【ライブレポート】SiMが氣志團万博に今年も出演!氣志團に寄せた学ラン姿のメンバーに大きな歓声が沸き上がる!photo by 釘野孝宏


続くステージでは代表的なアップチューン、『MAKE ME DEAD!』『Faster Than The Clock』を披露。MCでは、「初めての人も良かったら走ってください。いい大人になってから、はしゃぐほど走り回ると楽しいものです!そんな気じゃなかった人も、一歩前!一歩前!一歩前!」と煽り、更に熱気が増す。

次のMCでは、「今日、いろんなアーティストがいるという事はいろんなお客さんがいるという事です。横の方で次の出番まだかなって待っている方も居ます。けど間違いなく、今日はここにいる全員が氣志團に招かれた客人。そういった点では皆一緒!最後まで仲良くケンカしましょう!」と熱いコメントを口にし、『EXiSTENCE』を披露。曲中の掛け声、ヘドバンが印象的な一曲であった。

次にMAHが、「今日初めてSiMを知った人!どのCDから聞けばいいか分からないと思うけど、今から歌う曲が入っているアルバムから聞いて下さい!」と言い、SiMの代表曲、『KiLLiNG ME』をぶち込んできた。その日彼らの中での一番の盛り上がりになった曲と言えるだろう。

ラストはステージ中央のスクリーン前にMAHが立ち、ライブ開始同様、一曲目の『f.a.i.t.h』を再度演奏しきる。『f.a.i.t.h』の前のMCでは、「一曲目の時はびっくりして何も出来なかった人もいると思いますが最後にもう一度もりあがっていきましょう!」と、オーディエンスを煽り、「今年一本も夏フェスに呼ばれなったと嘆いていた氣志團。その氣志團が夏フェスに呼ばれる事を擲(なげう)ってでも、この二日間に命掛けています!氣志團ありがとう!」と氣志團への想いも口にしていた。

今年で4年連続出場となるSiM。氣志團への想いも十分に伝わって来た熱い内容であった。

(取材/文:中谷憲都)

 

【ライブレポート】SiMが氣志團万博に今年も出演!氣志團に寄せた学ラン姿のメンバーに大きな歓声が沸き上がる!photo by 釘野孝宏


氣志團万博2016
SiM セットリスト:

M1.f.a.i.t.h
M2.Blah Blah Blah
M3.GUNSHOTS
M4.MAKE ME DEAD!
M5.Faster Than The Clock
M6.EXiSTENCE
M7.KiLLiNG ME
M8.f.a.i.t.h

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』