【ライブレポート】海を越えてやってきた湘南乃風が氣志團万博に新たな風を巻き起こす!

2016.09.22 公開

(photo by 青木カズロー)


9月17日、氣志團万博2016初日。日が暮れかかった黄昏時に登場したのが湘南乃風。

「まだまだ力余ってるヤツ!湘南乃風と騒げー!」HAN-KUN(Vo.)が叫ぶと、一斉にオーディエンスがタオルを掲げて振り回す。とはいえまだライブは始まったばかり。

「言っとくけど、氣志團と湘南乃風が組んだら、この場所どうなるかわかってんだろうな!誰にも負けないくらい今日を楽しみにしてたヤツ、タオル廻して飛んでみろ!」とHAN-KUNは出だしから観客をあおり、会場の熱量を一気に上げていく。

中盤の『黄金魂』では観客が吠え、大合唱が始まる。「俺たちは湘南乃風だ!いつもの自分の限界を超えてみろ!」と若旦那(Dee Jay)が叫ぶと会場中から拳が上がり、ステージはクライマックスへ。海を指さし「あの海の向こうから東京湾を跨いでやってきました。せっかく来たんだからつながろうぜ!全員手を上げろ。そして全員肩を組め!」こうして会場が一体となって肩を組んで『親友よ』を大合唱。

湘南乃風のライブではおなじみのタオル廻しが会場を埋め尽くす。さらにHAN-KUNの「何か光るもの!」の合図でそれぞれがスマホやサイリウム、ライトなどを手に曲に合わせて左右になびかせる様子は圧巻。「カメラさーん!この映像撮っといてー!」メンバーから思わずそんなリクエストが出るほどの圧巻の光景が広がった。

そしてステージはクライマックスへ。彼ら最大のヒットソング『純恋歌』ではイントロから大歓声が上がり、会場は一体となってこの名曲に耳をすませた。そしていよいよラストソングとなった『睡蓮歌』では、これぞ湘南乃風!といった圧巻のタオル廻しの光景が会場のずっと奥まで広がり、オーディエンスは文字通りのお祭り騒ぎに。東京湾をまたいでやってきた彼らは、湘南と木更津を音楽で見事に結びつけてくれた。

(取材/文:バッキー☆大坂)

 

【ライブレポート】海を越えてやってきた湘南乃風が氣志團万博に新たな風を巻き起こす!(photo by 青木カズロー)


氣志團万博 2016
湘南乃風 セットリスト:

M1.SHOW TIME
M2.Joker
M3.Born to be WILD
M4.黄金魂
M5.親友よ
M6.純恋歌
M7.睡蓮歌

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』