【ライブレポート】RIP SLYMEが灼熱の太陽の下『楽園ベイベー』で氣志團万博を盛り上げる!

2016.09.22 公開

(photo by 青木カズロー)


9月17日、18日の2日間、氣志團が主催する野外フェスティバル『氣志團万博2016』が袖ケ浦海浜公園で開催され、初日となる17日にRIP SLYMEが出演した。

DJ FUMIYAを筆頭にグレーのサマースーツでキメたメンバーがステージに登場。「気志團万博行くぞー!まずは!まずは!」RYO-Z(リョージ)の第一声とともに聞こえてきたのはあのイントロ!初っ端から彼ら最大のヒットソング『楽園ベイベー』でライブはスタートした。

続いては最新アルバムから『JUMP』。曲名のとおり、会場のオーディエンスも一斉にジャンプ。「もっともっと高くー!」RYO-Zの声であっという間に会場は真夏のテンションにヒートアップした。

そのままの勢いでDJ FUMIYAの冴えまくるプレイとともに『FUNKASTIC』『Good Times』へ。メンバー揃ってサングラスをかけてのステージパフォーマンスに真夏感はますます高まり、まるで南国でのライブのような気分にさせてくれる手腕はさすがの一言だ。


【ライブレポート】RIP SLYMEが灼熱の太陽の下『楽園ベイベー』で氣志團万博を盛り上げる!(photo by 青木カズロー)


「わかってますよねぇ?まだまだもっとグロく踊れますよねぇ?ついて来れる人、Clap Hand! そのまま!」

メンバーはいつの間にかジャケットを脱ぎ捨て、さらにステージパフォーマンスを加速させる。そんな中、DJ FUMIYAがジェームス・ブラウンの『セックスマシーン』をアレンジして流すと、メンバーは腰を振って応戦。

「俺の聞いた情報によると今夜は満月らしいよ。今のうちから熱い夜になるための準備ができますかー!」と、RYO-ZのMCとともに『熱帯夜』。そしてラストは「Tシャツでもタオルでもブラジャーでも何でも振り廻してもらって構わな~い!」と、SuのMCとともに『JOINT』で炎天下の楽園ステージは締めくくられた。

(取材/文:バッキー☆大坂)

 

【ライブレポート】RIP SLYMEが灼熱の太陽の下『楽園ベイベー』で氣志團万博を盛り上げる!(photo by 青木カズロー)


【セットリスト】

M1.楽園ベイベー
M2.JUMP[add intro ver.]
M3.FUNKASTIC
M4.Good Times
M5.熱帯夜
M6.JOINT

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』