【ライブレポート】VAMPSが「氣志團万博2015」の初日に登場。「また来ちゃった…。でも出てーんだよ!やりてーんだよ!」

2015.09.29 公開

活動をスタートしてからの7年間で世界各地で約350本ものライヴを行い、今も海外公演の真っ只中のVAMPSが4年連続で氣志團万博に登場!

オーディエンスに最も近い中央にせり出したステージ先端からメンバーが一人ずつ登場し、最後にHYDEが現れると、会場全体が揺れるほどの大歓声が。

この日はタータンチェックのシャツにジーンズに、バンダナとスカーフを巻いたカジュアルなファッションで登場。

 

【ライブレポート】VAMPSが「氣志團万博2015」の初日に登場。「また来ちゃった…。でも出てーんだよ!やりてーんだよ!」


HYDEがVAMPSの象徴であるドクロのフラッグを担ぐと、オープニング曲『LIPS』がスタート。

まるでオーディエンスの様子を伺うかのようにステージを縦横無尽に動き回りながら歌うHYDE。

1曲目が終わるとHYDEもギターを抱え、間髪入れずに『AHEAD』を披露。時はまさに夕暮れ。陽が沈みゆくタイミングはヴァンパイアの出番にふさわしい。

3曲目『ANGEL TRIP』はK.A.Zのギターセッション風のイントロからスタート。夏らしい疾走感のあるポップなナンバーでオーディエンスを盛り上げる。

L'Arc~en~Ciel時代の曲とは違ったVAMPSならではのナンバーの中でも、この曲は特に抜きん出た爽やかなロックチューン。

夕暮れの光景と相まって、オーディエンスは夏の終わりを噛み締めたことだろう。

 

【ライブレポート】VAMPSが「氣志團万博2015」の初日に登場。「また来ちゃった…。でも出てーんだよ!やりてーんだよ!」

 

1 2 3
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』