【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅがROCK IN JAPAN FESTIVALのステージで最&高なステージを繰り広げる!

2016.08.18 公開


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016の4日目、GRASS STAGEのオープニングを務めたのは、ワールドツアーも絶好調の、きゃりーぱみゅぱみゅ。キョンシーに扮したダンサーに続いて、今回はチャイナドレス風の衣装でステージに登場したきゃりー。

そのままキョンシー的な振り付けで始まったオープニングナンバーは、今年のデビュー5周年を記念して発売されたベストアルバムに収録の『5iVE YEARS MONSTER』という意外な曲からスタートした。今回のステージテーマはチャイナスタイルで、最近のライブではおなじみとなったDJブースにも、中国の伝統的なお面をかぶった"DJニーハオ"がスタンバイしている。

【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅがROCK IN JAPAN FESTIVALのステージで最&高なステージを繰り広げる!
【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅがROCK IN JAPAN FESTIVALのステージで最&高なステージを繰り広げる!
続いて『CANDY CANDY』『PON PON PON』『にんじゃりばんばん』と人気のナンバーを立て続けに披露して、一気にステージのボルテージを上げていくきゃりー。

「あちい!すっごい天気いいですね」とMCを始めたものの「ちょっと水飲むね」と一呼吸しつつ、次の『もんだいガール』では、オーディエンスに振り付けを伝授。ステージとオーディエンスが一体となって、曲がばっちりキマると観客の間から歓声が沸き起こった。こうなれば勢いはもう止まらない。

ブレイクのきっかけとなった『つけまつける』では、一斉にみんなの手が挙がり、GRASS STAGEは一気にきゃりーワールドに染まる。

「やばしー!天気がいい!楽しい!」ステージ上のきゃりーもこの瞬間を手放しで満喫しているのが伝わってくる。続く『もったいないとらんど』から『きらきらキラー』はゴリゴリのリミックス仕様で、フェスならではの重低音とグルーブがオーディエンスのテンションをさらに上げていった。

【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅがROCK IN JAPAN FESTIVALのステージで最&高なステージを繰り広げる!
【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅがROCK IN JAPAN FESTIVALのステージで最&高なステージを繰り広げる!

「いくよ、みんな!」と始まった『ファッションモンスター』では、さらなる重低音が広大なスペースに響き「ロックインジャパーーーン」と叫ぶきゃりーとともに盛り上がりもピークに。

今回できゃりーのROCK IN JAPAN出演は4度目になるが「これまでで最高に盛り上がってるかも」と喜びをあらわにし「みんなが(同じ時間のステージとなる)グッドモーニングアメリカに行っちゃう夢を何度も見たんだけど、こんなに集まってくれてうれしいです!」と本音もチラリ。ラストは再びサビの振り付けを伝授して会場が一体となった『最&高』で文字通り最&高な時間を締めくくった。

(文/写真:バッキー☆大坂)

【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅがROCK IN JAPAN FESTIVALのステージで最&高なステージを繰り広げる!
【きゃりーぱみゅぱみゅ セットリスト】

M1.5iVE YEARS MONSTER
M2.CANDY CANDY
M3.PON PON PON
M4.にんじゃりばんばん
M5.もんだいガール
M6.つけまつける
M7.もったいないとらんど
M8.きらきらキラー
M9.ファッションモンスター
M10.最&高

【ライブレポート】きゃりーぱみゅぱみゅがROCK IN JAPAN FESTIVALのステージで最&高なステージを繰り広げる!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』