【ライブレポート】サンボマスターがROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016で宇宙一の奇跡を起こす!?

2016.10.01 公開


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016の4日目も後半の黄昏時。LAKE STAGEに登場したのはサンボマスター。4日間のフェスもいよいよラストスパートといったタイミングで、オリンピック閉会式さながらのコスチュームで登場し、のっけから場内の笑いを誘う。

【ライブレポート】サンボマスターがROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016で宇宙一の奇跡を起こす!?
「俺たちのステージに来てくれて、本当にありがとう!わざわざ集まってくれたんだから奇跡を起こそう!世界新出しましょう!」そう言いながら始まった1曲目は雰囲気にピッタリの『ミラクルをキミとおこしたいんです』もちろん今日も山口は全力を出し切る覚悟だ。

「俺たちのステージを選んでここに来たっていうことは、覚悟できてんだろうな!世界新を出せー!」

山口のシャウトに対してオーディエンスからは思いきり拳が上がる。これぞサンボマスターのステージ。他のアーティストの盛り上がりとは一味違う、いい意味での泥臭さと心からの魂の叫びが会場を包み込む。

この日の山口は、「みんなホントありがとね」と、やさしい口調でここに集まったオーディエンスへの感謝を告げていた。そんなタイミングでの『愛してる愛してほしい』。不器用ながらもしっかりと言いたいことは言う山口らしいメッセージが、この曲で見事にマッチした。

【ライブレポート】サンボマスターがROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016で宇宙一の奇跡を起こす!?
【ライブレポート】サンボマスターがROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016で宇宙一の奇跡を起こす!?
「死ぬんじゃねえぞ!おめえの命の可能性!」

そうシャウトして始まった『可能性』の間奏では、山口のギターが吠えまくる。「LAKE STAGEで伝説をつくるぞ!かかって来い、世界変えんぞ!できねえと思ってんのか!俺はできると思ってんぞ!」と、山口節も全開だ。

「聖火ランナーが駆けつけてくれました!」と、まさかのスペシャルゲスト、MONGOL800の上江洌清作がブラジル人に扮して登場し、キヨサクのヴォーカルでサンボの代表曲『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』が始まると、会場は暴動が起きたかのような盛り上がりを見せた。

「日が沈むと俺たちの魔法が溶ける…。でも生きてまた会おう。生きてまた、この変な顔見に来いよ」オーディエンスを挑発しつづける山口がふと見せる笑顔。この個性が人の心をがっしりとわしづかみにするのだ。

【ライブレポート】サンボマスターがROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016で宇宙一の奇跡を起こす!?
「ラスト、ギター弾いていいっすか!ラスト宇宙一の記録出せる人ー!」

ステージ最後の曲となったのが『ロックンロール イズ ノットデッド』。世界一を超える宇宙一を叫び、それに応える宇宙一の歓声が最後の最後までLAKE STAGEにこだました。

この曲のようにサンボマスターのロックンロールは絶対に死なない。次のライブでは、宇宙新記録更新を期待しよう。

(取材/文/写真:バッキー☆大坂)

【ライブレポート】サンボマスターがROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016で宇宙一の奇跡を起こす!?
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 8/14 LAKE STAGE
サンボマスター セットリスト:

M1.ミラクルをキミとおこしたいんです
M2.光のロック
M3.愛してる愛してほしい
M4.可能性
M5.できっこないを やらなくちゃ
M6.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
M7.ロックンロール イズ ノットデッド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』