May J. miwa ナオト・インティライミら登場!情熱大陸フェス大阪公演12組のアーティストが6時間に渡って競演!

2016.07.31 公開

15周年を迎えた情熱大陸フェスの大阪公演が7月30日(土)に万博記念公園もみじ川芝生広場にて開催。12組のアーティストが6時間に渡って熱いパフォーマンスを繰り広げた。


葉加瀬太郎の乾杯!を機にスタートしたイベント、オープニングは3度目の出場となるMay J.。広い会場に響き渡るレリゴーは今や情熱大陸フェスの風物詩となった。葉加瀬太郎はこの暑いのに、映画「アナと雪の女王」の雪だるまのオラフ姿で登場しMay J.をサポート。客席から大喝采を浴びる。

02

(miwa 情熱大陸フェス大阪)


3回めの参加ながら、すっかり情熱大陸フェスのお客さんに愛された感のあるmiwaは、小さな体に大きなフライングVを抱え元気いっぱいに歌う。昨年秋、放送のドラマ「コウノドリ」の主題歌『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』を歌い出すと広い会場がどっと湧く。カントリー調の最新シングル『Princess』ではmiwaはマンドリンと葉加瀬のヴァイオリンが絶妙なハーモニーを響かせる。

04

(藤井フミヤ 情熱大陸フェス大阪)


情熱大陸フェス10回目の出演となる藤井フミヤは、なんと『TRUE LOVE』でスタート。最新アルバム「大人ロック」収録曲を混じえ、後半は葉加瀬も参加。このふたり、6日前にも福岡・護国神社のイベントで共演しており、息もピッタリ。

03

(ナオト・インティライミ 情熱大陸フェス大阪)


ナオト・インティライミがステージに登場すると場内は総立ちとなり大きな声援が送られる。昨年末には京セラドームで単独公演を行うほど、大阪では人気が高く、葉加瀬と並ぶ情熱大陸フェスのお祭り男。前週に放送された27時間テレビの
100曲マラソンのエピソードを披露するなど、トークが弾みすぎて歌の時間がドンドン少なくなってくるほど。初参加(2011年)の際はオープニングに出演したナオトも、4回目の今回はトリ前。「今はこんな時間(の出演)になって、本当に大きくなったね!」と葉加瀬もナオトの成長を喜び、後半はチェロの柏木弘樹も加わり、一挙に盛り上がっていく。

12

(葉加瀬太郎 情熱大陸フェス大阪)


そしてオオトリは葉加瀬太郎。番組「情熱大陸」のエンディング曲『エトピリカ』から始まり、8月3日にリリースされる新アルバム「JOY OF LIFE」収録曲をじっくりと披露。パーカッションのリズムが鳴り響くと、広い会場は高揚感に包まれる。「最後はもちろん!情熱大陸フェスの15周年はこの曲で祝いたいと思います!」とサンバ調にアレンジされた『情熱大陸』 の熱すぎる演奏で6時間に及んだ情熱大陸フェス大阪公演を締めた。

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』