中田ヤスタカ、banvox、kz、tofubeatsで構成される次世代型イベントが大歓声で包まれ最高のフィナーレ!

2016.07.20 公開


日本のミュージック、ポップカルチャーを牽引するWARNER MUSIC JAPANとASOBISYSTEMが手掛ける最新型LIVE&PARTY「YYY(ワイワイワイ)」。7月17日に開催されたVol.1は会場を新木場STUDIO COASTに移し、規模を拡大して開催された。 

「YYY」は「中田ヤスタカ(CAPSULE)」「kz(livetune)」「tofubeats」「banvox」の4名で構成される次世代型イベントであり、古今東西の音楽を咀嚼し、DJ/アーティスト、そしてプロデューサーとして全世界から注目を集め続けるカッティングエッジな4人がレジデントを務める。

中田ヤスタカ、banvox、kz、tofubeatsで構成される次世代型イベントが大歓声で包まれ最高のフィナーレ!
実質2回目となる今回も開演前から多くの観客が詰めかけ、全世界から注目を浴びる4人の登場を、この日を心待ちにしていた観客は楽しげに待ちわびていた。

超満員となった「YYY Vol.1」のオープニングを飾るのはtofubeats。

中田ヤスタカ、banvox、kz、tofubeatsで構成される次世代型イベントが大歓声で包まれ最高のフィナーレ!
ジャパニーズポップカルチャーとダンスミュージックを見事に組み合わせる今最も勢いのあるプロデューサーである。この日もここぞとばかりに温めていた楽曲を惜しみなく披露。自身の楽曲「STAKEHOLDER」にKOHHのラップを乗せたマッシュアップで幕を開けた。

序盤からアクセル全開で攻めるtofubeatsのプレイに観客は乗り遅れることなくヒートアップ!コールアンドレスポンスやユーモアのあるMCで一体感を生み出し、神聖かまってちゃんのボーカル、の子をフィーチャーした「おしえて検索」ではフロアにいる全員が喝采を送った。

セットの後半では自身の得意とするディスコティークな楽曲を披露。森高千里を迎えた「Don't Stop The Music」や藤井隆を迎えた「ディスコの神様」など、自身の名曲を次々に繰り出す。「朝が来るまで終わる事のないダンスを」ではマイクを握り歌い上げる、最後は自身の代表曲「水星 feat. オノマトペ大臣」でフロアが心地良く揺れた。 

1 2 3
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』