2018.11.09 公開
キム・ヒョンジュン、ツアー最終公演の羨望を独占ロングレポート!!「僕は、このツアーを通して成長できた」

キム・ヒョンジュン『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2018 一緒に Take my hand』  画像 1/3

最新シングル『Wait for me』を手に、9月27日よりスタートしたキム・ヒョンジュンの全国ツアー『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2018 一緒に Take my hand』。各地で熱狂的に迎え入れられたライブのファイナル追加公演が、11月5日(月)に幕張メッセ幕張イベントホールを舞台に行われた。

場内に流れるキム・ヒョンジュンの楽曲に合わせ、開演前から声を上げてはしゃぐ満員の観客たち。いいね、本気で出会いを楽しもうとするその気持ちが…。

 

 眩いグリーンの光で埋め尽くされた場内。ライブは、始まりを告げる幻想的な映像を受け、物語を織りなすように幕を開けた。

 巨大な爆発音を合図に、キム・ヒョンジュンは凛々しい姿で舞台に姿を現した。歌いだしたのが、雄大な景観を描く『ASTRAEA』。大地から生命が生まれるような壮大な音世界を背に、マイクスタンドをギュッと握りしめ歌う。その姿に、早くも視線や心が釘付けだ。

演奏は、次第に熱を帯びるように『Misery』へ。胸に溜め込んだ想いを、彼は何処か切なさも秘めた温かな歌声を通し届けてくれた。その姿のすべてを心へ記しておきたい気分だ。

力強く駆けだすように、6thシングル『Take my hand』が飛び出した。雄大な景観を描く演奏の上で、キム・ヒョンジュンは沸き立つ気持ちを高らかに歌いだす。力強い歌声が、触れた人たちの気持ちに明日へ向かう勇気の手を差し伸べてゆく。彼の伸ばした想いの手を、誰もが心の手でつかんでは強く握り返していた。

「僕がここに来たのは3年以上も前のこと。久しぶりに幕張に来たからこそ、3年間積み上げた情熱をここへすべて注ぎ込みたいと思います。今日は僕の一番すごいステージを観ることになると思います」

 

大切な人へ想いを届けるように、込み上がる気持ちを素直に吐き出すよう、キム・ヒョンジュンは『Wake me up』を歌唱。切なさを抱いたその歌声が、胸をキュッと疼かせる。続く『四季』では、もの悲しいアコギの音色に乗せ、彼は、想いを零すように歌を届けてくれた。その歌声に触れている間、張り裂けそうな気持ちだった。

なんて、心を泣き濡らす歌たちだ。一つ一つの楽曲へ、キム・ヒョンジュンはさまざまな想いの物語を綴れ織る。だから僕らは、その歌に心惹かれ、強く気持ちを揺さぶられていく。

 

切々としたピアノの音色へ導かれるように歌ったのが、バラードの『Please』。哀切な歌声は、彼の気持ちが揺れ動くたび感情に熱を帯びれば、その声を通して触れた人たちの心も揺さぶりだす。今にも胸張り裂けんばかりの声で歌うその姿に、心がキュッと泣いていた。キム・ヒョンジュンは悲哀を込めた歌声で『It's over』を歌唱。満員のファンたちを心慰める友として受け止めた彼は、みんなの側へ寄り添うようにこの歌を届けてくれた。

 

「みなさん、ちょっとずつ服が脱げるたびに大喜びでしたね。みなさん、歌を聞きに来たんですよね。今回のツアーは胸に響くものがあります。それは、心と心で触れ合えているからだと思います。これからも僕は、生きる理由を見つけていきたいと思います。だから、みなさんにこの歌を捧げます」

   

自分の生きている理由を語るように、キム・ヒョンジュンはアコギやピアノなどの優しい音色に乗せ、美しい歌声を魅力に『Living Because~僕が生きているのは~』を歌いだした。ひと言ひと言を紡ぐように、想いの一つ一つを手渡すように歌う。その歌声は、ゆっくりと心に染み込んでいった。

 

「ある瞬間から一歳一歳年を重ねていくごとに、自分の人生について慎重に考えるようになりました。これからどんな生き方をしていくのが正解なのか。でも、正解はない気がします。一日一日が幸せであればいいなと思います。みなさんは、幸せですか?。次の歌は、僕が除隊して初めて作った曲でした。この場所でこの曲を歌うのは、僕にとってとても意味のあることです。あの頃は、僕の未来は霧のようでした。なので、この曲を書きました」

 

心にかかった霧を取り払うように、キム・ヒョンジュンが歌いだしたのがバラードの『HAZE』。アコギの音色の上で、大切な人への愛しき想いを彼は切々と歌いかける。気持ちが少しずつ熱を帯びるたびに、弦楽などの演奏が重なり出す。なんて温かい気持ちを届けてゆく歌だろう。目の前で語りかけるように歌う姿に、その声に、気持ちは釘付けになっていた。

キム・ヒョンジュン、ツアー最終公演の羨望を独占ロングレポート!!「僕は、このツアーを通して成長できた」キム・ヒョンジュン『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2018 一緒に Take my hand』  画像 2/3

 「拍手が長かったということは、みなさん喜んでくれたみたいだね。次は、ぜひみなさんと一緒に歌いたいです」

 

アコギを軸に据えた温かい音色が場内へ響く中、「I Stay here ここにいたいんだ」とキム・ヒョンジュンは『Stay here』を歌いだした。その歌声は、場内を埋め尽くした一人一人の心へ寄り添うようにも届いていた。いや、「一緒にこれからを描こう、だから僕の側にいて」と彼に口説かれている気分だった。歌い終わり沸いた大きな歓声が、それを物語っていた。失くした恋を思い返しながら、消せない愛しい想いを涙で呑み込むように、キム・ヒョンジュンは壊れそうな心模様のままに『今でも』を歌いあげる。あなたにも、今でも忘れられない人はいますか?。閉まっていた自分の記憶さえ、この歌が、セピア色の風景として心に映し出していった。

 

 「過ぎ去ったことに後悔をしても、時間を戻すことは出来ない。僕の歌には時間に関する曲がたくさんあります。みなさんが一番戻りたい時は何時ですか?。次は、このツアーでみなさんが一番涙を見せてくださった歌です。時間を取り戻してもう一度君に逢えるなら…。でも、戻れない時間に絶望を感じながら聞いてください」

 

届けたのが、5thシングルの『風車<re:wind>』。重厚な音色が場内を蒼く染める中、その色へ悲々とした歌声をキム・ヒョンジュンは塗り重ねてゆく。何かを思い返すように、彼はその先の景色を見つめながらバラードの『風車<re:wind>』を歌いあげていった。

 

 「ここからは、みなさんと遊びましょうか。今日は幕張を爆発させてみましょう」の言葉に続き、ここからは明るい表情を持った曲たちを披露。心地好く身体を揺らすように、軽やかに心でスキップを踏むように歌った『SO WHAT?』。サビでは、ファンたちも、彼の歌声に合わせ「SO WHAT!」と叫びだす。次第に熱の高まる会場。雄大な楽曲に乗せ、彼の歌声に導かれ、誰もがふたたび心を開放し始めた。

ファンキー でソウルフルなグルーヴが炸裂。身体を揺らすビートの上で、少しセクシーな表情も加え、キム・ヒョンジュンは『GENTLEMAN』を歌唱。甘く挑発する仕種に胸がキュッと疼けば、メロウなグルーヴに身体は嬉しくとろけていた。中盤では、歌の掛け合いも登場。歌を介して一緒に遊べる、その関係性が最高じゃない。演奏は激しく炸裂。キム・ヒョンジュンは『DO YOU LIKE THAT』を歌い、一緒に熱狂の中で騒ごうぜと誘いをかけてきた。セクシーで、しかも挑発的なステージングに触発され、気持ちが熱く騒ぎだす。このまま熱狂の果てまで連れていってくれ!

グルーヴを繋げる形で、演奏は『Beauty Beauty』へ。熱した気持ちを身体中に感じながら、誰もがその身を揺らし、彼の誘い出したパーティへ参加し、一緒にはしゃいでいた。パーティはどんどん華やかさ増してゆく。もっともっと一緒に興奮を覚えようよと誘うように、キム・ヒョンジュンは『Lucky Guy』をプレゼント。身体がジンジン騒ぎだす。このまま熱狂の中へ溺れ続けたい。終盤には、一緒に同じ振りをしてはしゃぐ光景も。会場中を包み込んた熱へクールでアダルトな刺激も塗り重ねるように、キム・ヒョンジュンは『Moonlight』を会場中の人たちの心や身体に投げ入れた。艶めいた様を魅せながら、妖しい動きでファンたちを挑発。男の色気漂うダンディなステージングにハートはドキドキどころか、バクバクしっぱなしだ。

キム・ヒョンジュン、ツアー最終公演の羨望を独占ロングレポート!!「僕は、このツアーを通して成長できた」キム・ヒョンジュン『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2018 一緒に Take my hand』  画像 3/3

絶叫混じりに観客たちを煽るキム・ヒョンジュン。激しくロックな熱を振りまきながら届けたのが、4thシングル曲の『HOT SUN』。観客たちへ挑むように、彼は力強く歌をぶつけだす。拳を突き上げ煽る姿に刺激を受け、フロアー中からも数多くの腕が突き上がる。マイクをギュッと握りしめ熱唱するその姿、惚れ惚れするね。熱狂を連れたまま、キム・ヒョンジュンは『B.I.N.G.O』を歌唱。気持ちをドキドキ弾ませる、最高にビンゴなゴキゲンパーティチューンに飛び乗り無邪気にはしゃぐ観客たち。気持ちを無条件でハイに導いてくれるって最高だ!!

 「みなさん、まだ力を蓄えているみたいだね。僕は、このライブが今年最後なので、全部の力を出し尽くしたいと思います。またみなさんと感動的なステージを作っていきたいですね。一緒に歌ってください」

 

アコギの響きに乗せ、優しく囁くようにキム・ヒョンジュンは『君だけを消せなくて』を歌いだした。その歌声へ寄り添うように、会場中の人たちがグリーンのサイリウムを大きく振り、彼に想いを届けていた。互いに心と心で結ばれていれば、その姿を消し去るなんて不可能なこと。お互いの存在の大切さを確かめるように、この歌が会場中に響き渡っていた。「君だけを消さなくて 二人の記憶が」と歌う満員の観客たち。キム・ヒョンジュンは優しく笑みを浮かべながら、想い込めた美しい歌声へ寄り添うように、みずからの歌声も重ねていった。

歌が始まったとたんに起きた歓声。この日のサプライズソングであるグループSS501活動時代の楽曲『ホシゾラ』に合わせ、一緒に歌声を重ねだす人たちも。なんて、心を切なくもロマンチックに染める歌だろう。誰もがキム・ヒョンジュンを愛しき人と受け止め、彼の告白を笑みを浮かべ受け止めていた。これは、君と彼とが共に手を取り合い未来を見つめてゆく歌。そんな気持ちへ浸りながら、この時間に酔いしれていたかった。

 

 「3年前に『ホシゾラ』を、ここで歌いました。もう一度、あの頃の思い出を甦らせたくて歌いました。3年前のステージを思いだして胸がジーンとしました。僕たちは何時も夢を見ながら生きています。その夢を忙しい生活の中で忘れたまま、ただ行く宛もなく歩いてゆく人もいると思います。僕はおじさんになったら愛犬ショップをやりたいと思っています。みなさんの夢は何ですか?愛犬になることですか??。自分は駄目だと思わないでくださいね。自分は出来る、自分は大切な人なんだと思ってください。今日の僕のステージが、みなさんの希望の種になってくれたら嬉しいです。僕の夢を想像しながら、この曲を歌います」

 

木漏れ日のような光を掻き集めるように、キム・ヒョンジュンは甘く優しい声の色を持ってバラードの『Paradise』を歌いだした。その視線と歌声は、描いた未来の自分の姿を追いかけていた。その歌声に触れた満員の観客たちも、彼が見つめるその視線の先を心で追いかけていた。続く、大切な人へ「ここで待っているのに」と歌いかける切ない『Your Story』に触れながら、誰もが、何処かセンチな気分に甘く浸っていた。サビ歌を合唱する声が、胸をキュッと鳴らしてくれた。

   

「時間は本当に早いですね。それくらい楽しいです。この歌はみなさんに聞いて欲しいと一番強く思っていた歌です。幕張に戻ってくるまで、本当にたくさんのことを経験してきました。その中で、強くなった気がします。僕が強くなれたのも、支えになってくれたみなさんがいるからです、ありがとうございます。みなさんに真心を込めてこの曲を歌います」

 

「ありがとう」の気持ちを込め、キム・ヒョンジュンはアコギの調べに乗せ、零れる想いを掬うようにバラードの『ありがとう(コマプタ)』を歌唱。心に抱いた彼の優しい想いに触れ、涙ぐむ人たちも。こんなにも愛しい気持ちで想いを告白されたら…。僕らは、彼の想いをまっすぐな心で受け止めては、ギュッと抱きしめ続けていた。

 

「僕の真心が伝わったでしょうか。最後に伝えたいのは、ありがとうという言葉です。お願いがあります。みなさん、幸せで、そして健康でいてください。この歌を作るとき、僕の愛する人が天国に行きました。時間が経つと死も別れも忘れられます。でも、歌でその人を追悼できたら、思い出も永遠に一緒です。僕たちはズーッと長く逢い続けなきゃいけません。僕はズッとステージに立ち続けます。みなさんも、長い間一緒に目の前にいてください」

 

本編最後に届けたのが、最新シングル『Wait for me』。今は逢えない愛しい人へ想いを届けるように、いろんな思い出の風景を歌声に乗せ空のカンバスへ描くように、キム・ヒョンジュンは『Wait for me』を想いたっぷりに歌いあげてゆく。その歌声は、僕らの心に広がるカンバスにも、優しい温もりを持った絵筆を走らせていた。あなたは、この歌に触れ、誰を思いだしていましたか?。ずっと側に寄り添えたい素敵な歌が生まれたことを、今は素直に喜びたい。その想いを目の前で受け止められたことが、とても嬉しかった。

 

 アンコールは、これまでに発売したシングル曲たちを次々と披露。キム・ヒョンジュンのソロ・デビュー曲となった『Lucky Guy』を歌いながら、彼はふたたびステージへ。気持ちを熱く騒がせるアッパーな楽曲に触発され、会場はふたたび熱気渦巻くパーティ会場へと変貌。キム・ヒョンジュンの動きに合わせ、一緒に踊る観客たち。もっともっと、身体をシェイクしながら騒ぎまくれ!!。熱く腰を揺さぶるソウルフルでファンキーな『Moonlight』に合わせ、誰もがセクシーな色気振りまく紳士淑女となり、夜のムードたっぷりのきらびやかな輝きの下で、妖しく楽しくはしゃいでゆく。心地好い四つ打ちのビートに乗せ、華やかな宴の中、無邪気な少年少女の気持ちに変えるようにキム・ヒョンジュンは2ndシングルナンバー『HEAT』を熱唱。「時間はあるようでないから」の歌詞通り、この時間を忘れたくない記憶として彼が、会場を埋め尽くしたファンたちが、心のアルバムへ今宵の熱狂を強く焼き付けていた。会場中に響き渡ったサビ歌の合唱、最高にヒートアップした光景じゃないか!!!

 

, 「僕は、このツアーを通して成長できたと思います。何時もみなさんの歓声と情熱を忘れずに、またみなさんの希望になる歌を届けます。本当にありがとうございました。みなさんのために、最後にこの曲を捧げます」

 ここまでに作りあげた熱狂を抱きしめながら。すべての愛しき人たちへの感謝の気持ちを歌に変え、キム・ヒョンジュンふたたび『Wait for me』を届けてくれた。誰もがその曲を、ふたたび彼と出会いを交わす約束の歌として受け止めていた。終盤に生まれたキム・ヒョンジュンとファンたちによる温かい歌声交わす合唱の風景。なんて胸を打つ景色だろう。この日受け取った想い、次の出会いまで大切に心の中で育み続けていくから。何よりも、しっかりと前を向いて生きてゆくから…。

 

                  

この日の模様は、後にLIVE DVDとしても発売になる。ライブを見逃した方、キム・ヒョンジュンに心強く惹かれだした、あなた。まずはLIVE DVDを通して、彼の温かい心の息吹を感じて欲しい。そして、次のライブのアクションが起きたら、迷わずに行動して欲しい。そのタイミング、君ならつかめるはずだから。

(取材/文:長澤智典)

 

2018年11月5日(月)

『KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2018 一緒に Take my hand』

幕張メッセ幕張イベントホール セットリスト:

『ASTRAEA』

『Misery』

『Take my hand』

『Wake me up』

『四季』

『Please』

『It's over』

『Living Because~僕が生きているのは~』

『HAZE』

『Stay here』

『今でも』

『風車<re:wind>』

『SO WHAT?』

『GENTLEMAN』

『DO YOU LIKE THAT』

『Beauty Beauty』

『Lucky Guy』

『Moonlight』

『HOT SUN』

『B.I.N.G.O』

『君だけを消せなくて』

『ホシゾラ』

『Paradise』

『Your Story』

『ありがとう(コマプタ)』

『Wait for me』

-ENCORE-

『Lucky Guy』

『Moonlight』

『HEAT』

『Wait for me』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事