【ライブレポート】NICO Touches the Wallsが変幻自在のパフォーマンスでVIVA LA ROCKを魅了!

2016.06.11 公開


5月28、29日の2日間、さいたま史上最大級のロックフェス『VIVA LA ROCK 2016』が、さいたまスーパーアリーナにて開催された。28日、STAR STAGEに登場したのはNICO Touches the Walls。

光村龍哉、古村大介、坂倉心悟、対馬祥太郎の4人が姿を現すと高揚感溢れる声援が会場に響き渡る。

「行けますか・・・VIVA LA ROCK!!」

光村の絶叫と共に激しいく照明とサウンドが入り交じり『渦と渦』から勢い良くNICO Touches the Wallsステージはスタート。続いてクラップ音が響き渡る中「さいたま!飛び上がっていくぞ!」と、勢いそのままに『THE BUNGY』では歌いだしを『ガラスも溶けそうな灼熱の、さいたまー!」と変えて絶叫すると会場のヒートアップ。「ビバラ!飛べよー!」激しいサウンドを聴かせながら、序盤からガンガン煽り会場を心地良く揺らしていく。

【ライブレポート】NICO Touches the Wallsが変幻自在のパフォーマンスでVIVA LA ROCKを魅了!

「さいたまスーパーアリーナ・・・手を叩けー!」

力強く軽快なクラップ音と共に披露された『手をたたけ』。「気持ち良い響きです!ありがとう!」満足そうに光村が応えると、その歌声を存分に響き渡らせ、歓喜の声援が起きた。

【ライブレポート】NICO Touches the Wallsが変幻自在のパフォーマンスでVIVA LA ROCKを魅了!

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』