【ライブレポート】indigo la EndがVIVA LA ROCK2016に登場!「僕は歌えることが嬉しいです」

2016.06.10 公開


5月29日、会場が大きな手拍子に包まれる中、笑顔でVIVALA ROCK2016のステージに登場したindigo la End。『瞳に映らない』では、川谷が歌いだすやいなや、手拍子が沸き起こる。川谷の「ビバラロックー!」という叫びに、初っ端から最高潮の盛り上がりを見せた。

【ライブレポート】indigo la EndがVIVA LA ROCK2016に登場!「僕は歌えることが嬉しいです」

そんな盛り上がる会場に、長田は手を挙げて応え、後鳥は楽しそうに体を揺らしベースを鳴らす。 佐藤のドラムと、後鳥のベースによるセッションからはじまった『悲しくなる前に』。アップテンポな演奏に、観客もノリノリ。

続けて披露されたのは、『名もなきハッピーエンド』。ギターが最初の音を奏でた瞬間、会場からは喜びの声が上がった。途中、川谷が観客に、楽しんでいるかを呼びかける1幕もあり、会場はさらなる盛り上がりに達する。

【ライブレポート】indigo la EndがVIVA LA ROCK2016に登場!「僕は歌えることが嬉しいです」

『忘れて花束』では、ドラマチックなドラムの演奏に聴き惚れる。 2年連続となるVIVA! STAGEへの出演に、喜びを語る。その後、6月10日に発売する新作アルバム『 藍色ミュージック』から『藍色好きさ』を披露する。ノリやすく心地よいリズムに、インディゴらしく綺麗な楽曲だ。

『夜明けの街でさよならを』では、川谷、長田、後鳥の3人がステージ前方まで出て、観客に向けて演奏する。しっかり観客の心を掴み、会場が一体となる。

【ライブレポート】indigo la EndがVIVA LA ROCK2016に登場!「僕は歌えることが嬉しいです」

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』