【ライブレポート】ゴールデンボンバーがJAPAN JAM BEACH 2016に登場!歓喜の声援が響き渡る!

2016.05.26 公開


5月3日、株式会社ロッキング・オン・ジャパン企画制作のロックフェス『JAPAN JAM BEACH 2016』が幕張海浜公園 JAPAN JAM BEACH特設会場にて初日を迎えた。SKY STAGEのオープニングステージを務めたのはゴールデンボンバー。

子供用の小さなスーパーカーや、ハーレーなどに乗って鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳が姿を現し、樽美酒研二は白ドレスの女装姿で登場。『綺麗になりたくて』からゴールデンボンバーステージはスタート。

雄叫びと共にSKY STAGEに集まったオーディエンスを激しく煽り会場のテンションは急上昇。鬼龍院が「汚」と書かれたフラッグを振り回し、曲中にはエアDJプレイも披露して会場を盛り上げていく。

【ライブレポート】ゴールデンボンバーがJAPAN JAM BEACH 2016に登場!歓喜の声援が響き渡る!

【ライブレポート】ゴールデンボンバーがJAPAN JAM BEACH 2016に登場!歓喜の声援が響き渡る!

勢いそのままに軽快なステップでステージ中を駆け回り『愛を止めないで ~I Love Me Don't Stop~』へと繋いでいく。

自己紹介ではもはや定番(?)となりつつある鬼龍院の「キス・ミー」の掛け声がオーディエンスと全然合わないという事態が起きた後は、何やら意味深な話しが続く。

喜矢武は「僕はギターリストなのでギターソロって大好きなんですよね、弾いてないんですけど。一番目立てる瞬間じゃないですか?今日もいつも以上にカッコよくギターソロを決めたいと思うので注目してください。」と自分のギターソロが見所だと語る。

鬼龍院は「楽器を持っているボーカリストってモテると思うんですよ。だから僕は今年楽器持っていこうかと。スタイルチェンジして、UNISON SQUARE GARDENみたいになろうかなと思っています。」と楽器を持つボーカルはカッコイイとPR。

樽美酒は一度会場を静め「おち◯ちーん!」と高らかに会場いっぱいに響き渡らせた後「5月3日は憲法記念日という事で国民の祝日となっております。という事でこの場所をお借りしまして国旗掲揚を行いたいと思います。」と宣言。

【ライブレポート】ゴールデンボンバーがJAPAN JAM BEACH 2016に登場!歓喜の声援が響き渡る!

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』