【動画】X JAPAN Toshlにインタビュー!「人時は安心感のある存在でした」

2016.05.14 公開
4月29日(金・祝)と30日(土)の2日間にわたり品川ステラボールでX JAPAN Toshlのライブイベント「春の稲妻Toshlロック祭り」が開催された。WWSチャンネルでは30日終演後にToshlにインタビューを行った。Toshlはライブを終えて、達成感のある表情で2日間を振り返り、今後のことも含めて語ってくれた。
出演:Toshl(X JAPAN)
制作:WWS
Q.2日間のライブを終えていかがですか?

Toshl:非常に激しい、またとても優しい気持ちになれる、そんなステージでした。 何か・・・何とも言えなかったですね。凄く幸せな気持ちになりましたね、全てを出し切ったっていう気持ちにもなりましたし。 オーディエンスと、ニコ生の画面の向こう側にいる皆さんとも、またメンバー全員とも、本当に1つになって力がグググっと集中して明日からの生きる活力になるようなそんな素敵なライブだったなと、まあ自分で言うのもなんなんですけど。皆さんに感謝したいです。

Q.特に印象に残った曲はありますか?

Toshl:今日歌った「So Long」っていう曲をもう何年振りか忘れるくらい、おそらく20年くらい振りに歌ったと思うんですけど、やっぱり今歌っても、自分で書いた詩なんですけども・・・どうしても今回この曲が歌いたいなと。
九州地方でも大きな震災が起きて、その前も東北で起きて、何かこう・・・この曲を歌いたいなって思ったものですから、急遽皆に演奏を頑張ってしてもらって歌わさせてもらいました。

Q.今回、人時さんとの初共演となりましたが、今後共演したいアーティストはいますか?

Toshl:まあ別に誰って事はないんですけど、今回は人時さんが一緒にやっていただいて、ある意味凄い安心感があって助かりましたね、自分としては。今まで若い人達とずっとやってきましたけども、それに加えていろんな経験を積んできた人ともまた共演もできればいいなという風に感じました。

Q.ファンの皆様にメッセージをお願いします。

Toshl:本当にありがとうございました。また次も決まってますので。8月の、帰ってきたゼ!東京ドーム ホテルのDINE & CONCERTに向けてこれからは、その事を色々考えながら、ワクワクしながら日々を過ごして、その他にも沢山やる事はあるんですけど、これからいろんな事にまたチャレンジしていって、共に喜びを分かち合いたいと思います。
是非またお会いしましょう。

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』