【ロングインタビュー】初の海外ライブを達成したベイビーレイズJAPANに凱旋インタビュー!「フランスの皆さんは温かかった」

2016.07.14 公開


フランスのパリで開催された『JAPAN EXPO 2016』に出演し、遂に海外初進出の偉業を達成したベイビーレイズJAPAN(通称・ベビレ)。WWSチャンネルではベイビーレイズJAPANのメンバー、大矢梨華子・傳谷英里香・林愛夏・高見奈央・渡邊璃生の5名それぞれにインタビューを行った。

初の海外進出、待望の2ndアルバムリリース、初の主催フェスについてなど熱い想いを語ってくれた

(取材/文:山岸一之 写真:仲西一成)


【大矢梨華子 インタビュー】

【ロングインタビュー】初の海外ライブを達成したベイビーレイズJAPANに凱旋インタビュー!「フランスの皆さんは温かかった」
Q.初の世界進出となったJAPAN EXPOの感想をそれぞれ聞かせてください。

大矢梨華子:初めての海外ライブで凄く不安だったんですけど、JAPAN EXPOに来てくださったお客様が本当に日本の文化が大好きな人ばかりだったので凄くライブをしていて温かかったという感想です。私たちを初めて見た人もいたと思うんですけど1曲1曲歌う度に拍手や声援を送ってくださって、本当にフランスの皆さんは温かかったです。


Q.新曲『シンデレラじゃいられない』が『BSジャパン女子ソフトボール中継テーマソング』に抜擢されました。女子ソフトボール日本代表の皆さんに激励のメッセージをお願いします。

大矢梨華子:これまでロックや可愛い曲とか楽しい曲とか色々な歌を歌ってきましたけど、また新しいジャンルというか。今まで歌ってこなかったカッコ良さのイメージです。女性の強さが歌詞に込められていて、 私も歌っていて力が入ります!選手の皆さんは本当に頑張っていると思います。私たちも同じように夢を追いかける女性同士、お互い頑張っていきたいと思います。


Q.2年振りとなるアルバムのリリースも決定が決定していますがリリースが決まっての感想を聞かせてください。またどんな作品に仕上がりそうですか?

大矢梨華子:前のアルバムはメンバー全員が10代で、その時の5人でしか作れないものが詰まっていましたが、今年は4人が成人となり結成5年目を迎え、前回よりも少し大人になった私たちが詰まった作品に仕上がっていると思います。

【ロングインタビュー】初の海外ライブを達成したベイビーレイズJAPANに凱旋インタビュー!「フランスの皆さんは温かかった」
Q.初の主催フェス「EMOTIONAL IDOROCK FES.69時間パーティー!パーティー!!ファイヤー!!!」はどんなステージになりそうですか?

大矢梨華子:4日間、69時間という無謀な挑戦というか(笑)。「本当にやるの?」って思っている人多いと思うんですけど。私たちも今タイムテーブルを組んだりしているんですが・・・本当にやるそうです!(笑)。もちろんライブも沢山やるんですけど、バラエティの要素も多くして私たちらしい楽しいフェスになりそうです。


Q.今後の目標、そしてファンの皆様にメッセージをお願いします。

大矢梨華子:グループとしては日本代表になるという目標、そして紅白歌合戦に出場するという目標があります。今回フランスで初めて海外ライブをやってみて本当に楽しかったですし、もっともっと沢山の方に ベイビーレイズJAPANを知っていただきたいなと思ったので色々な場所でライブがしてみたいなと思いました。

今年はフランスへ行かせていただいたり、2ndアルバムの発売が決定し、リード曲の『シンデレラじゃいられない』がBSジャパン女子ソフトボール中継テーマソングに決定。そして7月20日には去年TOKYO DOME CITYで行ったライブのDVDが発売され、10月には主催フェスがあるなど、これから本当に盛り沢山でベイビーレイズJAPANがもっともっと上のステップに行ける大事な時期だと思います。ファンの皆さんの応援が無いと成り立たない事なのでこれからも応援宜しくお願いします。

1 2 3 4 5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』