稲葉友にインタビュー!映画『MARS ~ただ、君を愛してる~』そして初の主演ドラマ『ひぐらしのなく頃に』について熱く語る!

2016.06.16 公開
6月18日から公開される映画『MARS 〜ただ、君を愛してる〜』に出演している俳優の稲葉友にWWSチャンネルはインタビューを行った。稲葉友は作品のみどころや撮影時のエピソードなど語ってくれた。

また、インタビュー後半では初の主演ドラマ『ひぐらしのなく頃に』についても熱く語ってくれた。
Q.映画『MARS 〜ただ、君を愛してる〜』が6/18から公開されますが、どんな作品に仕上がっていますか?見所などを教えてください。

稲葉友:少女漫画原作で実写化っていうとキラキラした青春ものっていうイメージがあると思うんです。それはMARSももちろんそうなんですけど、思春期特有の残酷さだったりとか、あの時期にしかない感情みたいなものも描いているので結構見て心に刺さる部分があると思います。そういうシーンがあるからこそキラキラしたシーンがより輝いて見える。そういう映画になっていると思います。
 02

Q.ご自身の演じている「木田達也」という役の魅力はどんな所にあると思いますか?

稲葉友:作品の中でという意味で言うとホッとするポイントというか、箸休めというか、達也が出てくると安心するみたいな。お客さんにとってもそういう存在であったらいいなと思って作ってきました。

達也ってバカっていう感じに見えていると思うんですけど実は懐の広い男だなと。実は1番、器でかいんじゃないかコイツって感じました。自分と重ねた時、周りに達也みたいな人間がいて意外と達也みたいな奴に救われたりしているなと思っていただけると達也は報われます。
Q.ドラマ、映画と共に演じてきた共演者の方々についてそれぞれ聞きたいのですが、最初の頃と今では印象は変わっていきましたか?またどんな所が魅力的であると感じましたか?

-藤ヶ谷太輔さんについていかがですか?-
稲葉友:ジャニーズの方と共演するのが始めてで、最初はどんな人だろう?怖い人かな?とか思っていたんですけど。 零と達也の空気感っていうのは物語の最初の段階から出来上がっていないといけないから「そういう空気出していけたら良いね」って話してくださって。楽屋でも零と達也のようなやり取りをしていくうちに、この人いたずらっ子なんだなって気づきました。けど気配りができて、凄く視野が広いですし、空気を作れるし変えられるし、子供の部分と大人の部分が良いバランスで共存している素敵な人だなって思います。

-窪田正孝さんについていかがですか?-
稲葉友:エネルギー量が凄い人だなっていう印象があります。最初は穏やかな人なのかなと思ったんですけど、結構ふざけた人で。ふざけてるっていうのはポジティブな意味で、良い意味での緩さというか。現場における吸引力が凄いです。立ってるだけで周りを引き寄せるというか。藤ヶ谷君が空気を周りにバッと出す人だとしたら、窪田君はその空気を自分の所へギュッと引き寄せる。立ってるだけで画になるし力がある人で、2人のバランスが凄く素敵で面白い先輩達だなと思っています。

-飯豊まりえさんについていかがですか?-
稲葉友:今時の女の子なんだろうなって勝手に思っていたんですけど、キラ同様凄く芯が強くて、この若さでこの心配りができるって凄いなって。周りを元気にするパワーがあるし、明るくて優しい、そんな感じの人だなと。周りがよく見えてるし、人の気持ちがわかる人だなと。

達也の立ち位置は作品においても現場においても良い意味で揺るむ感じであれば良いと思っていたんですけど、撮影の終盤くらいに「友君が来ると安心するね」って言われて、僕が思ってる事を結構具体的に言われて、僕が実践してたことが伝わっていたって解ったのが嬉しくて。そしてそういう事を言葉にしてくれるていうの事は、簡単そうでなかなか出来ない事だと思いましたね。

-山崎紘菜さんについていかがですか?-
稲葉友:山崎は凄く好きです。最初は凄くツンケンした人だと思ってたんですよ。役の印象で。だけど、この人結構ふざけてて、意外とお喋りしたがるし、ボケてくるし、アドリブも結構入れてくるし、それにこっちは対応に追われて、それを見て「稲葉さん面白い!」とか言ってきて(笑)。

最初「山崎さん」って呼んでいたんですけど、この人は呼び捨てにした方が良いなと思って「山崎!」って呼びたくなる親しみやすさや人間味があって、可愛らしい人だなと思えて、出会えて良かったなって思いましたね。

1 2 3
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』