2020.01.21 公開
SKE48 野島樺乃、緊張のソロステージで甘酸っぱい『ショートケーキ』を届ける<SKE48選抜メンバーコンサート>

野島樺乃<SKE48選抜メンバーコンサート>  画像 1/4

AKB48グループが1月18日(土)から1月26日(日)の9日間、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDCホール)にて「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」を計16公演開催する。

SKE48 野島樺乃、緊張のソロステージで甘酸っぱい『ショートケーキ』を届ける<SKE48選抜メンバーコンサート>野島樺乃<SKE48選抜メンバーコンサート>  画像 2/4
2日目となった19日(日)にはNMB48に続いて名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が出演。公演タイトルは「SKE48 選抜メンバーコンサート 〜私たちってソーユートコあるよね?〜 」と題して、浅井裕華、荒井優希、井上瑠夏、江籠裕奈、大場美奈、鎌田菜月、北川愛乃、熊崎晴香、 佐藤佳穂、末永桜花、須田亜香里、惣田紗莉渚、高畑結希(※「高」は「はしごだか」が正式表記)、高柳明音、竹内彩姫、野島樺乃、日高優月、 古畑奈和、松井珠理奈の19名がステージに登場した。

セットリストでは出演メンバー19名によるソロステージが展開された。

SKE48 野島樺乃、緊張のソロステージで甘酸っぱい『ショートケーキ』を届ける<SKE48選抜メンバーコンサート>野島樺乃<SKE48選抜メンバーコンサート>  画像 3/4 SKE48 野島樺乃、緊張のソロステージで甘酸っぱい『ショートケーキ』を届ける<SKE48選抜メンバーコンサート>野島樺乃<SKE48選抜メンバーコンサート>  画像 4/4


トップバッターを飾ったのは7期生の野島樺乃。MCの熊崎晴香の曲フリと共にステージに登場した野島が披露したのは『ショートケーキ』。幼なじみ同士のもどかしく甘すっぱい恋模様のミディアムバラードを、透き通る歌声に乗せて届けた。野島は昨年1月に開催された「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の決勝大会に出場し優勝。SKE48内では冠番組などでその歌唱力に注目が集まっていたが、優勝をきっかけに一気に48グループ内に知名度を広げた。それからの活躍は目覚ましく、4月開催の「AKB48グループ 春のLIVEフェス in 横浜スタジアム」ではソロステージを任され、5月にはSKE48劇場で初のソロ公演を開催。そして、7月リリースの25thシングル『FRUSTRATION』で念願の選抜メンバーに初抜擢。さらにカップリング曲にソロ曲『夢の在処へ』も収録され、「努力は必ず報われる」という48グループの精神を野島の活躍を通して改めて実感する出来事だった。


歌唱後のMCでは「一番最初だったので、心臓がバクバクで曲中一回もファンの方と目が合わせられませんでした。でも、すごくいい機会でした」と晴れやかな表情で語った。鎌田菜月は「可愛かったよー!」と野島の顔真似を込みで感想を伝え、「鎌田はこれをやれるのは5年前ぐらいだったので、ちょっとやり残しちゃいましたね」と話し笑いを誘った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】
s

関連記事