【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?

2016.08.07 公開


8月7日、名古屋を拠点に活躍するアイドルグループ、SKE48が「TOKYO IDOL FESTIVAL」の最終日に出演した。SKE48の出演は2年連続で今年で3度目だ。去年に引き続きZeep Diver Cityの「HOT STAGE」の舞台に立った。

今回TIFに参加したメンバーは、

チームS
東李苑
大矢真那
北川綾巴
二村春香(初出場)

チームKⅡ
江籠祐奈
大場美奈
惣田紗莉渚
高柳明音
竹内彩姫(初出場)
古畑奈和

チームE
木本花音(初出場)
熊崎晴香(初出場)
後藤楽々
菅原茉椰(初出場)
須田亜香里
谷真理佳

の16名。最近のシングル選抜メンバーを基本にした選抜だ。

会場が暗転し48グループお馴染みの『Overture』が会場にいるファンの熱気を高める。彩り豊かなサイリウムはそれぞれの「推し」の色だ。多くのアイドルファンが詰め掛けるTIFでも、「MIX」を打たないSKE48独特のルールは健在だ。

【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?

激しく点滅するライトの中から勢いよく登場するメンバー。最初の一曲は『恋を語る詩人になれなくて』。ステージいっぱいに大きく動きながら、息の合ったダンスを披露する。躍動感のあるダンスが特徴のSKE48を象徴する一曲だ。

続く『Gonna Jump』、『チキンLINE』で、煽りと「オーイング」によって会場の一体感が一層深まる。センターに立つのは去年に引き続きTIFに参加した後藤だ。全身からみなぎる活力に勢いづく若手の存在感を訴えかける。

【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?

MCの時間となり、ここからは1期生の大矢の進行でステージは進む。昨年のTIFのステージで話題になった大矢の「メンバーを勝手に紹介するコーナー」が復活。今年は若手の中から3人のメンバーがピックアップされた。

まずは日に日にSKE48のエースとして成長中の北川。「珠理奈のようなセンター候補。若い子のファンが多いので、今日は若いファンの方を連れて帰ってもらいたい」と大矢なりの期待を笑いと共に寄せた。

東李苑に対しては「『ゆとり世代』真っ只中で、『あー言えばこう言う精神』で先輩を困らせてます」と、ちょっとした問題児っぷりを暴露。
最近セクシー路線まっしぐらの二村については「どんな曲でもはるちゃんが踊るといやらしく見えます」と絶賛(?)した。

【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?

【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?

【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
MCが明け、16人選抜で『青空片想い』と、夏の定番曲『パレオはエメラルド』、『アイシテラブル!』を立て続けに披露した。

この夏、数々の音楽番組やイベントで繰り返し披露され、その度に会場のボルテージを上昇させた『パレオはエメラルド』。SKE48の人気はこの曲と共に広がっていき、初出場の紅白歌合戦でも歌われた。

グループのことは知らなくても、『パレオ』は知っているという声も多くあり、「『SKE48』と言えば『パレオ』だ」と言っても過言ではない。メンバーの想いが詰まった曲はTIFの会場でも例外なく、客席では推しのメンバーのコールが飛び交った。

【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?
【ライブレポート】SKE48がTIFに2年連続出場!若手メンバーの魅力とは?

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』