武井咲、剛力彩芽、河北麻友子が『第1回ミス美しい20代コンテスト』記者発表会に登場!

2016.05.19 公開


1970年創業以来、美をひとつの文化と位置づけ「美文化の創造」を企業理念に、今日まで美のプロモートを多面的に展開させ、時代の求めるスターのムーブメント作りに努めてきたオスカーグループ。

日本の美しい次世代スターを発掘すること、女性たちが輝くことで日本を元気にすることができたらという従来の考えを基に、10代の原石を発掘する「全日本国民的美少女コンテスト」とは異なった、20代の女性にスポットを当てた新たなコンテスト『ミス美しい20代コンテスト』第1回大会開催概要が5月19日(木)に発表された。

主催者挨拶と大会概要説明にはオスカープロモーション取締役副社長・石川薫氏と鈴木誠司氏が登場し、現在のエンターテインメント業界に新風を巻き起こすようなスーパースター発掘への意気込みを語った。スペシャルゲストには武井咲、剛力彩芽、河北麻友子が登壇。

武井咲、剛力彩芽、河北麻友子が『第1回ミス美しい20代コンテスト』記者発表会に登場!
「美少女コンテストに応募したきっかけは?」という質問に武井咲は「賞金が欲しくて応募しました。お父さんが欲しいと言っていた車が買えるんじゃないかなと思って。自分の知らない”新しい自分”の可能性を見出せるチャンスだから沢山の人に応募してもらいたいです。」と親孝行の思い出を語った。

武井咲、剛力彩芽、河北麻友子が『第1回ミス美しい20代コンテスト』記者発表会に登場!
河北麻友子も「NYから応募したのですが、コンテストに応募した動機は日本に遊びに行きたい気持ちで。」とぶっちゃけトークをしつつも「小さなきっかけが大きな転機になることもあるので気軽に応募してほしい」と笑顔で答えた。

武井咲、剛力彩芽、河北麻友子が『第1回ミス美しい20代コンテスト』記者発表会に登場!
剛力彩芽は「7歳の頃からオーディションを探していたけれども年齢制限があって応募することができませんでした。だから10歳からOKだった美少女コンテストなら応募ができる!と思って受けたのがきっかけです。今回のコンテストは一人ひとりに可能性が増えたので私も嬉しいです!」と幼少時代の自分を振り返り、20代を対象としたコンテストが開催されることを喜んだ。

1 2
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』