2017.08.17 公開
【ライブレポート】サカナクションがROCK IN JAPAN FES.2017 三日目のヘッドライナーとして登場!3年ぶりのGRASS STAGEは先の読めないドキドキの展開に

サカナクション  画像 1/5


8月11日、国営ひたち海浜公園にて、ROCK IN JAPAN FES.2017が開催され、サカナクションがGRASS STAGEのヘッドライナーとして出演した。

【ライブレポート】サカナクションがROCK IN JAPAN FES.2017 三日目のヘッドライナーとして登場!3年ぶりのGRASS STAGEは先の読めないドキドキの展開にサカナクション  画像 2/5

ステージに向け観客がサカナトライブのマークを掲げるなかサカナクションのメンバーが登場。一曲目に披露されたのは『新宝島』だ。曇天にレーザービームが舞い踊り、独特のムーディーな光景が広がる。

そして二曲目には『M』を演奏。ライブでは久しぶりの一曲に会場のジャンプとハンズクラップは止まない。間髪入れず『Aoi』、『『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』』と、大ステージにふさわしいスケール感のある楽曲を投下。

宵闇の中繰り広げられる『『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』』のパフォーマンスは、荘厳さがありながら、クラブミュージックのようでもあり、新鮮な仕上がりになっていた。さらに『三日月サンセット』へそのまま途切れず演奏は繋がる。

【ライブレポート】サカナクションがROCK IN JAPAN FES.2017 三日目のヘッドライナーとして登場!3年ぶりのGRASS STAGEは先の読めないドキドキの展開にサカナクション  画像 3/5
「みんな自由に踊りましょう!」という山口一郎の掛け声のもとライブはダンスタイムへ突入。メンバー紹介も挟み、会場が最高の沸点に到達したところで、「みんな準備はいいかー!」と山口が声をかけるも、一瞬『SORATO』の演奏が止まるアクシデント。珍しい光景に会場はかえって大盛り上がり、『ミュージック』へとライブは進行する。

山口のジャケットに埋め込まれたLEDが曲に合わせて光る新しい演出もあり、この日のサカナクションのアクトに終始会場はワクワクしっぱなしである。

そしてここで『アイデンティティ』を投下!6万人超の「どうしてー!」がひたちなかに響き渡る。最後まで演奏は途切れることなく本編ラストの『多分、風。』へ。スモークと砂埃で靄けた景色の中に山口のロングコートが風に靡く。楽曲の世界観に没入させる演出とともに本編は終了。

【ライブレポート】サカナクションがROCK IN JAPAN FES.2017 三日目のヘッドライナーとして登場!3年ぶりのGRASS STAGEは先の読めないドキドキの展開にサカナクション  画像 4/5
アンコールのMCでは「すごい景色!ちょっとこれ写真撮らせて。これちょっと後でツイッターとかにあげるわ。」と笑いを誘う場面もありつつ、「僕らも三年ぶりにこのステージに立たせてもらいました。ありがとうございます。みんな音楽の名の下にたくさんの人が集まって、そのエネルギーをミュージシャンが受け取って、また新しい音楽を作っていく。それがシーンの循環になっていくんじゃないかと改めて思いました。」とこの日のライブを総括した。

アンコールがあり、最後に披露されたのは『目が明く藍色』。サカナクションの歴史的なシーンとなるであろうシンフォニーを巨大野外ステージに開放し、GRASS STAGE3日目ヘッドライナーのステージは終幕した。

(取材/文:樋熊涼)

【ライブレポート】サカナクションがROCK IN JAPAN FES.2017 三日目のヘッドライナーとして登場!3年ぶりのGRASS STAGEは先の読めないドキドキの展開にサカナクション  画像 5/5


ROCK IN JAPAN FES.2017 GRASS STAGE
サカナクション

M1 新宝島
M2 M
M3 Aoi
M4 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
M5 三日月サンセット
M6 SORATO
M7 ミュージック
M8 アイデンティティ
M9 多分、風。

EN 目が明く藍色




【特集】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

http://www.wws-channel.com/rijf2017

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017公式サイト;
http://rijfes.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事