2018.08.18 公開
【ライブレポート】アンジュルムがキレのあるダンスと高い歌唱力を披露!「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で人気曲『大器晩成』含む9曲!

アンジュルム ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 1/7

硬派なテクノポップなSEに乗せて、可憐な女の子たちがBUZZ STAGEに現れた。ステージを正面から華やかにライトが照らし、そこにいるのはアンジュルムだ。各々のキャラクターに合わせたメンバーカラーの衣装を着た立ち姿からは、“可愛いだけではない何か”を感じる。

 

【ライブレポート】アンジュルムがキレのあるダンスと高い歌唱力を披露!「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で人気曲『大器晩成』含む9曲!アンジュルム ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 2/7

【ライブレポート】アンジュルムがキレのあるダンスと高い歌唱力を披露!「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で人気曲『大器晩成』含む9曲!アンジュルム ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 3/7

【ライブレポート】アンジュルムがキレのあるダンスと高い歌唱力を披露!「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で人気曲『大器晩成』含む9曲!アンジュルム ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 4/7

『ドンデンガエシ』を1曲目にかまし、激しめの大人っぽいダンスを踊りこなし、『泣けないぜ・・・共感詐欺』では、一人一人の歌唱力に驚かされた。また、サビ前の「3,2,1,GO!!!」のコールで一気に盛り上がったのは『次々続々』。360度どこから見てもピタッと揃っており、キレのあるダンスが魅力的だった。ステージが前からしか見えないのが残念なくらいだ。オーディエンスからメンバーに向けたアピールも増加してゆく。「今年も最高の思い出をつくりましょうー!」と、はっきりとした声で和田彩花が盛り上げた。


続けて、『汗かいてカルナバル』では、アイドルソングでは類を見ないカーニバルのような情熱的なサウンドに痺れた。そうかと思えば、夏の乙女心を歌った『ドットビキニ』でキュートな面にも触れてしまった。格好良さと可愛さのギャップに溺れそうだ。気を抜くことなく、王道アイドルな楽曲『夢見る 15歳(フィフティーン)』、夏にぴったりな歌詞がロッキンにマッチした『夏将軍』をパフォーマンスした。

 

【ライブレポート】アンジュルムがキレのあるダンスと高い歌唱力を披露!「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で人気曲『大器晩成』含む9曲!アンジュルム ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 5/7

【ライブレポート】アンジュルムがキレのあるダンスと高い歌唱力を披露!「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で人気曲『大器晩成』含む9曲!アンジュルム ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 6/7

【ライブレポート】アンジュルムがキレのあるダンスと高い歌唱力を披露!「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で人気曲『大器晩成』含む9曲!アンジュルム ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 7/7


イントロの1音目から歓声が湧き上がったのは、人気曲『大器晩成』。メンバーの歌唱力と可愛さを引き出し、メンバーとオーディエンスともに盛り上がることができる最高のナンバーだ。肩を組んで円になって歌う場面が印象的な『友よ』を、元気いっぱいに歌いフィニッシュした。メンバーの仲の良さが伝わってきたし、その和気藹々とした姿にオーディエンスは元気をもらった。


冒頭で感じた“可愛いだけではない何か”とは。アイドルという枠には収まりきらない魅力がにじみ出ていたのだ。芯の強さを感じさせるパフォーマンスで、BUZZ STAGEに集まったオーディエンスの心を鷲掴みにした。

( 取材/文:佐藤早雪)


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
8月12日 BUZZ STAGE
アンジュルム セットリスト


M1 ドンデンガエシ
M2 泣けないぜ・・・共感詐欺
M3 次々続々
M4 汗かいてカルナバル
M5 ドットビキニ
M6 夢見る 15歳(フィフティーン)
M7 夏将軍
M8 大器晩成
M9 友よ

【特集】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
http://www.wws-channel.com/rijf2018
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事