2018.08.17 公開
【ライブレポート】ORANGE RANGEがGRASS STAGEで太陽を呼ぶような圧巻のパフォーマンス!名曲『花』『イケナイ太陽』含む全10曲!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018>

ORANGE RANGE ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 1/7

頭上で手を左右に振る様子から名付けられた沖縄民謡・カチャーシーを、陽気さは残したままロックアレンジされたBGMが流れる。カチャーシーは、沖縄方言の訛で「かき回し」という意味があるそうだ。午後のGRASS STAGEをかき回しにORANGE RANGEが登場した。


ORANGE RANGEの代表的なサマーな楽曲『上海ハニー』で幕開けだ。再びカチャーシーを踊り、メンバーとオーディエンスによる「イーヤーサーサー」のコールアンドレスポンスが行われた。HIROKI(ボーカル)は、「ロックインジャパン楽しんでる?新曲でもそのテンションで来れる?沖縄の風、感じてください!」と呼び掛けた。ORANGE RANGEと同じ空間にいるだけで、沖縄のイズムを感じる。

 

【ライブレポート】ORANGE RANGEがGRASS STAGEで太陽を呼ぶような圧巻のパフォーマンス!名曲『花』『イケナイ太陽』含む全10曲!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018>ORANGE RANGE ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 2/7

【ライブレポート】ORANGE RANGEがGRASS STAGEで太陽を呼ぶような圧巻のパフォーマンス!名曲『花』『イケナイ太陽』含む全10曲!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018>ORANGE RANGE ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 3/7
パフォーマンスは中盤へ。5月9日に配信リリースした、4つ打ちのビートが印象的な『Ryukyu Wind』をパワー全開で披露した。「新曲でアガるってすごいね、ありがとう!」と、感謝の気持ちを述べた。さらに、『以心電信』は、ステージ上のメンバーとオーディエンスとの大合唱が圧巻だ。曲中のフレーズ「僕らはいつも以心伝心」を用いたコールアンドレスポンスが行われ、GRASS STAGEにいた誰もがバイブスが上がった。


RYO(ボーカル)は、「今日はお祭り騒ぎ。誰も置いていきませんよ。」と会場の端まで見渡し、静かにつぶやいた。「まだ終わらせねぇよ。こんなに晴れてくれました。集まってくれました。どうよこのロケーション?!」ヒット曲『ロコローション』の歌詞を引用したMCから、夏真っ盛りの楽曲を披露した。

 

【ライブレポート】ORANGE RANGEがGRASS STAGEで太陽を呼ぶような圧巻のパフォーマンス!名曲『花』『イケナイ太陽』含む全10曲!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018>ORANGE RANGE ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 4/7

【ライブレポート】ORANGE RANGEがGRASS STAGEで太陽を呼ぶような圧巻のパフォーマンス!名曲『花』『イケナイ太陽』含む全10曲!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018>ORANGE RANGE ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 5/7

【ライブレポート】ORANGE RANGEがGRASS STAGEで太陽を呼ぶような圧巻のパフォーマンス!名曲『花』『イケナイ太陽』含む全10曲!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018>ORANGE RANGE ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 6/7
「広いステージ駆け回ってると、お腹が空いてきますねー。大好物を発表します。お寿司です!」ランチタイムに選んだナンバーは『SUSHI食べたい feat.ソイソース』。腹ペコのオーディエンスにぴったりだ。寿司ネタの名前を並べて歌うキャッチーな歌詞からORANGE RANGEのユーモアが溢れ出す。続けて、渋いベースと3人のユニゾンが気持ち良い『Hopping』。曲調は一変、しっとりとした歌い出しでオーディエンスを惹きつけたのは、名曲『花』だ。HIROKIの歌い出しに「お〜!」と、高揚したざわめきが会場から上がった。午前中は曇っていた空が、いつの間にか太陽が見えるようになった。「ORANGE RANGE効果っていうのかな!」とテンション高めに盛り上げ、『チラチラリズム』で会場の一体感を極めた。


「みなさん、あちらをご覧ください。」RYOが空高く、片方の手の平を上に向けた。「ORANGE RANGEの親友を紹介します。イケナイ太陽くんです!」と、太陽の日差しを味方につけた。ドラマ主題歌としても人気が高い『イケナイ太陽』では、ヤンチャにステージ上を駆け回った。

 

【ライブレポート】ORANGE RANGEがGRASS STAGEで太陽を呼ぶような圧巻のパフォーマンス!名曲『花』『イケナイ太陽』含む全10曲!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018>ORANGE RANGE ©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 7/7


「次のバンドに、アツいステージを渡すために!」と、サビがキャッチーな『キリキリマイ』を最後の一曲にセレクト。クールな顔立ちのYAMATO(ボーカル)から湧き出すシャウトに、オーディエンスの感情は高ぶった。

日差し降り注ぐ夏の野外ステージがこんなに似合うアーティストが、今までいただろうか。このステージに参戦するためだったら、少しくらい日焼けしてもいいかなと思えてしまう。
ORANGE RANGEは、GRASS STAGEに最高の音楽と夏の楽しさを届けてくれた。

(取材/文:村松美紀)


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
8月12日 GRASS STAGE

ORANGE RANGE・セットリスト

 

M1 上海ハニー

M2 Ryukyu Wind

M3 以心電信

M4 ロコローション

M5 SUSHI食べたい feat.ソイソース

M6 Hopping

M7 花

M8 チラチラリズム

M9 イケナイ太陽

M10 キリキリマイ

【特集】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
http://www.wws-channel.com/rijf2018
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事