2018.08.17 公開
【ライブレポート】筋肉少女帯が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に5年ぶりの参戦! デビュー30周年を迎え、懐かしの『元祖高木ブー伝説』から最新曲まで健在ぶりをアピール!

筋肉少女帯©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 1/6

5年ぶりの「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に出演となる筋肉少女帯が、初日となる8/4、SOUND OF FORESTのステージに登場した。1曲目の『踊るダメ人間』から「5年間待ってたぞ!」と言わんばかりに会場中が大ジャンプ。彼らの久々の登場を歓迎した。

 

間髪入れずに続いたのは『ワインライダー・フォーエバー(筋少Ver.)』。間奏で「暑くて歌詞が覚えられないよー!もうノリだけでいいから、後は適当に頼むよ~」とボーカルの大槻ケンヂが叫ぶと、その後の歌詞を2人のギター橘高文彦と本城聡章が歌い継いでフォローする場面も。彼らならではの愛嬌たっぷりのアドリブも健在だ。

【ライブレポート】筋肉少女帯が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に5年ぶりの参戦! デビュー30周年を迎え、懐かしの『元祖高木ブー伝説』から最新曲まで健在ぶりをアピール!筋肉少女帯©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 2/6

【ライブレポート】筋肉少女帯が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に5年ぶりの参戦! デビュー30周年を迎え、懐かしの『元祖高木ブー伝説』から最新曲まで健在ぶりをアピール!筋肉少女帯©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 3/6

大槻が「OK!ROCK IN JAPAN、5年ぶりにやってきたぜー!」と煽り、筋肉少女帯の名をメジャーにした初期のナンバー『元祖高木ブー伝説』から初期の代表曲であり、ライブでの盛り上げナンバー『釈迦』へ。大槻の歌の合間は、橘高が演奏しながらのパフォーマンスを披露。ステージ中央でギターを振り回し、空に放り投げ、背中で弾くなどのパフォーマンスを展開。さらに、超絶速弾きテクニックでオーディエンスの目を奪い、これぞ筋肉少女帯といったパフォーマンス力を魅せつけた。

 

そしてラストは、昨年発売されたニューアルバム『Future!』からの新曲『ディオネア・フューチャー』。今も進化を続ける彼らの世界観が垣間見れるサウンドで、ステージを締めくくった。5年ぶりのROCK IN JAPAN FESTIVAL出演を果たし、今年はデビュー30周年の記念の年を迎えたという筋肉少女帯。彼らの進化からますます目が離せそうにない。

(取材/文:バッキー☆大坂)
【ライブレポート】筋肉少女帯が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に5年ぶりの参戦! デビュー30周年を迎え、懐かしの『元祖高木ブー伝説』から最新曲まで健在ぶりをアピール!筋肉少女帯©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 4/6

【ライブレポート】筋肉少女帯が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に5年ぶりの参戦! デビュー30周年を迎え、懐かしの『元祖高木ブー伝説』から最新曲まで健在ぶりをアピール!筋肉少女帯©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 5/6

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018

8/4 筋肉少女帯 セットリスト

M1.踊るダメ人間

M2.ワインライダー・フォーエバー(筋少Ver.)

M3.元祖高木ブー伝説

M4.釈迦

M5.ディオネア・フューチャー

【ライブレポート】筋肉少女帯が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に5年ぶりの参戦! デビュー30周年を迎え、懐かしの『元祖高木ブー伝説』から最新曲まで健在ぶりをアピール!筋肉少女帯©ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018  画像 6/6

【特集】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
http://www.wws-channel.com/rijf2018
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事