【ライブレポート】ビクターロック祭り番外編、家入レオと大原櫻子がコラボステージで3000人を魅了!

2015.10.14 公開


10月13日、Zepp TOKYOにてビクターロック祭り番外編として、「IchigoIchie Join 2 家入レオ × 大原櫻子」が開催された。

19時の定刻を5分ほど過ぎてステージが暗転し、「さくちゃーん」と歓声が聞こえて、大原櫻子のステージが始まった。

青い照明に照らされてギターをもった大原櫻子が白のトップスに水色のスカートで登場すると、「みなさんこんばんは!大原櫻子です!いつも以上に盛り上がっていきましょう!」と煽り、1曲目『Over The Rainbow』からライブをスタートした。バックの激しい音に負けないほどの声量の力強いボーカルを響かせると、手拍子で満員のオーディエンスが盛り上げる。

2曲目『明日も』では静かにアカペラから始まりリズムインすると、明るい曲調で前向きな気持ちになれるアッパーチューンで一気にオーディエンスを引き込む。客席に視線を送ると大きく手を振り応えるオーディエンス。序盤から場内の一体感は凄まじい!

「あらためまして!大原櫻子です!Zepp Tokyoのみなさん楽しんでますか?ビクターロック祭り番外編 IchigoIchie Join 2 家入レオ × 大原櫻子 にみなさん来ていただいてありがとうございます!」とまずは挨拶した。

【ライブレポート】ビクターロック祭り番外編、家入レオと大原櫻子がコラボステージで3000人を魅了!

「右から後ろからギュウギュウですね。みなさん窒素しない(笑)大丈夫?尊敬する家入レオさんとの2マンライブでルンルンしてます。 デビューする前に家入さんのライブをZepp Diver Cityに見に行ったことがあります。この前は音楽番組でもコラボさせていただきましたし、家入さんのファンの方は知り尽くしてると思いますが、FNSの楽屋が一緒でした。 沈黙の中、『Tommoro never knows~』と音が漏れてきて、わたしの曲を携帯で流してくれて会話のきっかけを作ってくれて温かい人だなと感激しました。

そんな感じでレオちゃんと今日はイベント盛り上げていければと思います!もうすこし楽しい曲やろうかな。次の曲聞いて下さい!」とコメントし、 『真夏の太陽』が勢いよく始まった。タイトル通りのギラギラの太陽を連想させるロックな楽曲で、盛り上げる。

1 2 3 4 5
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
WWSチャンネルの人気記事をお届けします
【あなたにオススメ記事】

関連記事

LIVE動画

AAA
『恋音と雨空』
西内まりや
『ありがとうForever...』
lol
『fire!』
MACO
『恋心』
三戸なつめ
『I’ll do my best』